YouTubeの動画IDを指定するだけで動画のポップアップ再生を実装できるjQueryプラグイン「GRT Youtube Popup」

YouTubeの動画IDを指定するだけで動画のポップアップ再生を実装できるjQueryプラグイン「GRT Youtube Popup」

YouTubeの動画IDを指定するだけで動画のポップアップ再生を実装できるjQueryプラグイン「GRT Youtube Popup」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

GRT Youtube Popupは、要素にYouTube動画のIDを指定するだけで、指定した動画をポップアップ再生できるjQueryプラグインです。使い方も簡単で、楽に実装できて便利です。

デモは配布サイトにてご確認いただけます。

デモページを見る

「Open Video 1 – (dark theme – autoplay enabled)」と「Open Video 2 – (light theme – autoplay disabled)」をクリックすると、動画がポップアップ表示されます。

スポンサードリンク

GRT Youtube Popupの使い方

ステップ1. GRT Youtube Popupのダウンロードとファイルの設置

配布サイトにアクセスし、右上にある[Download]ボタンから、ファイル一式をダウンロードします。

圧縮ファイルを解凍し、以下のファイルを設置します。

  • grt-youtube-popup.css
  • grt-youtube-popup.js
ステップ2. スタイルシートとスクリプトの読み込み

続いて、grt-youtube-popup.cssとgrt-youtube-popup.jsを読み込みます。

<head>~</head>内に以下を記述します。

<link rel="stylesheet" href="grt-youtube-popup.css">

スクリプトは</body>の直前でOKです。以下を</body>の直前に追加します。


<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<script src="grt-youtube-popup.js"></script>

jQueryに依存するので、jQuery本体も一緒に読み込んでいます。

ステップ3. HTMLのマークアップ

HTMLでは、以下のようにyoutube-linkというクラスを付与し、youtubeid属性で動画IDを指定します。

<span class="youtube-link" youtubeid="yPu6qV5byu4">Open Video</span>

上記はspan要素ですが、span以外でも大丈夫です。

ステップ3. GRT Youtube Popupの実行

最後に、GRT Youtube Popupを実行するためのスクリプトを記述します。

<script> $(".youtube-link").grtyoutube(); </script>

オプションも用意されていて、自動再生をオフにしたり、テーマを変更することも可能です。

<script> $(".youtube-link").grtyoutube({ autoPlay:false, theme:"light" }); </script>

あとがき

実装も簡単で使いやすいですね。YouTube動画のポップアップ再生を導入したい時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。