定型文を保存して投稿内で簡単に挿入できるようになるWordPressプラグイン「TinyMCE Templates」

定型文を保存して投稿内で簡単に挿入できるようになるWordPressプラグイン「TinyMCE Templates」

定型文を保存して投稿内で簡単に挿入できるようになるWordPressプラグイン「TinyMCE Templates」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

TinyMCE Templatesは、管理画面上で定型文を作成・管理できるWordPressプラグインです。作成した定型文は、投稿内で簡単に挿入することができます。

スポンサードリンク

TinyMCE Templatesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. TinyMCE Templatesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、TinyMCE Templatesを有効化します。

TinyMCE Templatesの使い方

定型文の作成方法

WordPress管理画面の[テンプレート] – [新規追加]から定型文を作成します。タイトルには定型文の名前、本文に定型文の内容を入力します。

定型文の作成方法

定型文の挿入方法

投稿エディターに[テンプレートを挿入]というボタンが追加されます。

テンプレートを挿入

ボタンをクリックして、挿入したい定型文を選択しましょう。

定型文の選択

[テンプレートを挿入]をクリックすると、定型文が挿入されます。

定型文をショートコードとして登録・挿入

定型文をショートコードとして登録するには、定型文作成時に「ショートコードとして挿入」で”はい”を選択しておきます。

ショートコードとして挿入

定型文を挿入する時の操作は同じで、定型文を挿入する時に「備考: このテンプレートはショートコードとして挿入されます。」というメッセージが表示されます。

このテンプレートはショートコードとして挿入されます

定型文そのままではなく、以下のようなショートコードが挿入されます。

[template id="198"]

定型文をショートコードとして管理しておけば、複数ページに定型文を挿入していて、定型文の内容を変更したい時に一括で変更できるので便利ですね。

投稿や固定ページから定型文を作成

TinyMCE Templatesを導入すると、投稿や固定ページの編集画面に[新規テンプレートにコピー]というボタンが追加されます。

新規テンプレートとしてコピー

[新規テンプレートにコピー]をクリックすると、タイトルや本文がそのまま定型文としてコピーされます。

あとがき

ある程度書く内容が決まっているものがある場合は、定型文として登録しておくと楽ですね。定型文の作成も、通常の投稿画面と同じなので、迷わず操作できて良いと思います。

管理画面上で定型文を作成・管理したい時は、ぜひTinyMCE Templatesの導入をご検討ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。