XAMPPのphpMyAdminでデータベースをインポートする時にタイムアウトして失敗してしまう場合の対処法

XAMPPのphpMyAdminでデータベースをインポートする時にタイムアウトして失敗してしまう場合の対処法

XAMPPのphpMyAdminでデータベースをインポートする時にタイムアウトして失敗してしまう場合の対処法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

XAMPPのphpMyAdminでは、タイムアウトまでの時間が初期値では300秒に設定されています。phpMyAdminでインポートしようとしているデータベースのサイズが大きいと、300秒以上時間がかかってタイムアウトしてしまうことがあります。

そんな時は、タイムアウトまでの時間を延ばすか、タイムアウトしないように設定値を変更してあげると解決できます。

スポンサードリンク

XAMPPのphpMyAdminでタイムアウト値を変更する方法

「C:\xampp\phpMyAdmin\libraries」フォルダ内にある「config.default.php」で、XAMPPのphpMyAdminでのタイムアウト値が定義されています。(Cドライブ以外にXAMPPをインストールしている場合はXAMPPインストールフォルダ内の「phpMyAdmin\libraries」に置き換えてください)

config.default.phpをテキストエディタで開いて、以下の記述を探します。「ExecTimeLimit」で検索するとすぐに見つかります。

$cfg['ExecTimeLimit'] = 300;

“300”がタイムアウトまでの秒数なので、これを600などの数値に変更してタイムアウトまでの時間を延ばすか、0にしてタイムアウトが起こらないようにします。

$cfg['ExecTimeLimit'] = 0;

ファイルを変更したら、ApacheとMySQLを再起動して反映させます。

あとがき

値を0にしてタイムアウトしないようにする方法が手っ取り早いですね。

タイムアウトでデータベースのインポートに失敗してしまう場合は、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。