PHPでアクセス元ブラウザの種類を判別する方法

PHPでアクセス元ブラウザの種類を判別する方法

PHPでアクセス元ブラウザの種類を判別する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    格安で広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PHPでアクセス元のブラウザの種類を判別して、ブラウザ毎に処理を変える方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

PHPでアクセス元のブラウザの種類を判別する方法

ブラウザの種類を判別するためには、ユーザーエージェントを判別して条件分岐します。

<?php
$user_agent = getenv('HTTP_USER_AGENT');

if (strstr($user_agent, 'Chrome')) { 
  //Google Chromeの処理
} elseif (strstr($user_agent, 'Firefox')) {
  //Firefoxの処理
} elseif (strstr($user_agent, 'Edge')) {
  //Microsoft Edgeの処理
} elseif (strstr($user_agent, 'MSIE') || strstr($user_agent, 'Trident')) {
  //Internet Explorerの処理
} else {
  //その他の処理
}
?>

「getenv(‘HTTP_USER_AGENT’)」の部分は「$_SERVER[‘HTTP_USER_AGENT’]」と記述してもOKです。

IE10以下は”MSIE”で判別しますが、IE11だけが”Trident”で判別します。

あとがき

ブラウザの種類によって処理を変えたい場合は、参考にしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。