広告ブロック機能を使っているユーザーをブロックするためのスクリプトを生成してくれる「Antiblock」

広告ブロック機能を使っているユーザーをブロックするためのスクリプトを生成してくれる「Antiblock」

広告ブロック機能を使っているユーザーをブロックするためのスクリプトを生成してくれる「Antiblock」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Antiblockは、広告ブロック用の拡張機能・アプリをインストールして広告を非表示にしているユーザーがサイトを訪問した際に、コンテンツを見られないようにするためのスクリプトを生成してくれるWEBサービスです。

広告ブロックのブロックという感じですね。

スポンサードリンク

Antiblockの使い方

Antiblockにアクセスして、表示されるコードをコピーします。

コード

<style>#yf59{position:fixed!important;position:absolute;top:0;top:expression((t=document.documentElement.scrollTop?document.documentElement.scrollTop:document.body.scrollTop)+"px");left:0;width:100%;height:100%;background-color:#fff;opacity:0.9;filter:alpha(opacity=90);display:block}#yf59 p{opacity:1;filter:none;font:bold 16px Verdana,Arial,sans-serif;text-align:center;margin:20% 0}#yf59 p a,#yf59 p i{font-size:12px}#yf59 ~ *{display:none}</style><noscript><i id=yf59><p>Please enable JavaScript!<br>Bitte aktiviere JavaScript!<br>S'il vous pla&icirc;t activer JavaScript!<br>Por favor,activa el JavaScript!<br><a href="http://antiblock.org/">antiblock.org</a></p></i></noscript><script>(function(w,u){var d=w.document,z=typeof u;function yf59(){function c(c,i){var e=d.createElement('i'),b=d.body,s=b.style,l=b.childNodes.length;if(typeof i!=z){e.setAttribute('id',i);s.margin=s.padding=0;s.height='100%';l=Math.floor(Math.random()*l)+1}e.innerHTML=c;b.insertBefore(e,b.childNodes[l-1])}function g(i,t){return !t?d.getElementById(i):d.getElementsByTagName(t)};function f(v){if(!g('yf59')){c('<p>Please disable your ad blocker!<br>Bitte deaktiviere Deinen Werbeblocker!<br>Veuillez d&eacute;sactiver votre bloqueur de publicit&eacute;!<br>Por favor, desactive el bloqueador de anuncios!<br><a href="http://antiblock.org/?d=2.3'+'___'+escape(v)+'">antiblock.org</a> <i>v2.3</i></p>','yf59')}};(function(){var a=['ad_C2','ad_I','ads_lb','bott_ad2_300','featuredAdContainer2','headerads','widget_Adverts','ad','ads','adsense'],l=a.length,i,s='',e;for(i=0;i<l;i++){if(!g(a[i])){s+='<a id="'+a[i]+'"></a>'}}c(s);l=a.length;setTimeout(function(){for(i=0;i<l;i++){e=g(a[i]);if(e.offsetParent==null||(w.getComputedStyle?d.defaultView.getComputedStyle(e,null).getPropertyValue('display'):e.currentStyle.display)=='none'){return f('#'+a[i])}}},250)}());(function(){var t=g(0,'img'),a=['/ad_serve.','/adcde.js','/delivery/al.php','/doubleclicktag.','/mgid-ad-','/oasadframe.','/showadvert.','/static/ad_','/webadvert/ad','_adtitle.'],i;if(typeof t[0]!=z&&typeof t[0].src!=z){i=new Image();i.onload=function(){this.onload=z;this.onerror=function(){f(this.src)};this.src=t[0].src+'#'+a.join('')};i.src=t[0].src}}());(function(){var o={'http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js':'google_ad_client','http://js.adscale.de/getads.js':'adscale_slot_id','http://get.mirando.de/mirando.js':'adPlaceId'},S=g(0,'script'),l=S.length-1,n,r,i,v,s;d.write=null;for(i=l;i>=0;--i){s=S[i];if(typeof o[s.src]!=z){n=d.createElement('script');n.type='text/javascript';n.src=s.src;v=o[s.src];w[v]=u;r=S[0];n.onload=n.onreadystatechange=function(){if(typeof w[v]==z&&(!this.readyState||this.readyState==="loaded"||this.readyState==="complete")){n.onload=n.onreadystatechange=null;r.parentNode.removeChild(n);w[v]=null}};r.parentNode.insertBefore(n,r);setTimeout(function(){if(w[v]===u){f(n.src)}},2000);break}}}())}if(d.addEventListener){w.addEventListener('load',yf59,false)}else{w.attachEvent('onload',yf59)}})(window);</script>

サイトの<head>~</head>内にコードを貼り付けてあげます。たったのこれだけです。

「Einstellungen」でコードのカスタマイズもできますが、そのままでOKです。PHP版を使いたい場合は、Einstellungenで”PHP Version”を選択してあげましょう。

コードを貼り付けたサイトに、広告ブロックの拡張機能を入れたブラウザでアクセスすると、以下のようにコンテンツ部分が隠されてメッセージが表示されます。

Adblockのブロック

メッセージの内容は以下の通りで、「広告ブロックを外してくださいね」というメッセージになっています。

Please disable your ad blocker!
Bitte deaktiviere Deinen Werbeblocker!
Veuillez désactiver votre bloqueur de publicité!
Por favor, desactive el bloqueador de anuncios!
antiblock.org v2.3

あとがき

広告ブロックについては賛否両論ありますし、広告ブロックをブロックする行為についても賛否両論あります。

どちらもすぐに対策されてイタチごっこ感は否めませんが、どうしても広告ブロックをしているユーザーには訪問してほしくない場合は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。