CSSで背景画像や疑似要素として使えるようにSVGをBase64にエンコードしてくれるWEBサービス「Base64 Encode and Decode」

CSSで背景画像や疑似要素として使えるようにSVGをBase64にエンコードしてくれるWEBサービス「Base64 Encode and Decode」

CSSで背景画像や疑似要素として使えるようにSVGをBase64にエンコードしてくれるWEBサービス「Base64 Encode and Decode」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Base64 Encode and Decodeは、Illustratorなどで作ったSVGをCSSで背景画像や疑似要素として指定できるように、Base64にエンコードしてくれるWEBサービスです。

スポンサードリンク

Base64 Encode and Decodeの使い方

まずは、SVGファイルをテキストエディタで開きます。SVGファイルをテキストエディタで開くと、以下のようなコードが表示されます。

<svg id="レイヤー_1" data-name="レイヤー 1" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" width="142" height="142" viewBox="0 0 142 142">
  <defs>
    <style>
      .cls-1 {
        fill: #c3d4fc;
      }

      .cls-2 {
        fill: #eaeaea;
      }
    </style>
  </defs>
  <title>test</title>
  <g>
    <rect class="cls-1" x="0.5" y="0.5" width="141" height="141" />
    <path class="cls-2" d="M378,178V318H238V178H378m1-1H237V319H379V177Z" transform="translate(-237 -177)" />
  </g>
</svg>

Base64 Encode and Decodeにアクセスして、SVGのコードを貼り付けます。

SVGコードの貼り付け

[ENCODE]をクリックすると、Base64にエンコードされたコードが表示されます。

Base64にエンコード

Base64にエンコードされたコードをCSSで背景や疑似要素として指定します。

.example {
  background: url('data:image/svg+xml;base64,【エンコードされたSVGコード】');
}

.example::after {
  content: url('data:image/svg+xml;base64,【エンコードされたSVGコード】');
}

今回の例でいうと、以下のような指定になります。

.example {
  background: url('data:image/svg+xml;base64,PHN2ZyBpZD0i44Os44Kk44Ok44O8XzEiIGRhdGEtbmFtZT0i44Os44Kk44Ok44O8IDEiIHhtbG5zPSJodHRwOi8vd3d3LnczLm9yZy8yMDAwL3N2ZyIgd2lkdGg9IjE0MiIgaGVpZ2h0PSIxNDIiIHZpZXdCb3g9IjAgMCAxNDIgMTQyIj4KICA8ZGVmcz4KICAgIDxzdHlsZT4KICAgICAgLmNscy0xIHsKICAgICAgICBmaWxsOiAjYzNkNGZjOwogICAgICB9CgogICAgICAuY2xzLTIgewogICAgICAgIGZpbGw6ICNlYWVhZWE7CiAgICAgIH0KICAgIDwvc3R5bGU+CiAgPC9kZWZzPgogIDx0aXRsZT50ZXN0PC90aXRsZT4KICA8Zz4KICAgIDxyZWN0IGNsYXNzPSJjbHMtMSIgeD0iMC41IiB5PSIwLjUiIHdpZHRoPSIxNDEiIGhlaWdodD0iMTQxIi8+CiAgICA8cGF0aCBjbGFzcz0iY2xzLTIiIGQ9Ik0zNzgsMTc4VjMxOEgyMzhWMTc4SDM3OG0xLTFIMjM3VjMxOUgzNzlWMTc3WiIgdHJhbnNmb3JtPSJ0cmFuc2xhdGUoLTIzNyAtMTc3KSIvPgogIDwvZz4KPC9zdmc+');
}

.example::after {
  content: url('data:image/svg+xml;base64,PHN2ZyBpZD0i44Os44Kk44Ok44O8XzEiIGRhdGEtbmFtZT0i44Os44Kk44Ok44O8IDEiIHhtbG5zPSJodHRwOi8vd3d3LnczLm9yZy8yMDAwL3N2ZyIgd2lkdGg9IjE0MiIgaGVpZ2h0PSIxNDIiIHZpZXdCb3g9IjAgMCAxNDIgMTQyIj4KICA8ZGVmcz4KICAgIDxzdHlsZT4KICAgICAgLmNscy0xIHsKICAgICAgICBmaWxsOiAjYzNkNGZjOwogICAgICB9CgogICAgICAuY2xzLTIgewogICAgICAgIGZpbGw6ICNlYWVhZWE7CiAgICAgIH0KICAgIDwvc3R5bGU+CiAgPC9kZWZzPgogIDx0aXRsZT50ZXN0PC90aXRsZT4KICA8Zz4KICAgIDxyZWN0IGNsYXNzPSJjbHMtMSIgeD0iMC41IiB5PSIwLjUiIHdpZHRoPSIxNDEiIGhlaWdodD0iMTQxIi8+CiAgICA8cGF0aCBjbGFzcz0iY2xzLTIiIGQ9Ik0zNzgsMTc4VjMxOEgyMzhWMTc4SDM3OG0xLTFIMjM3VjMxOUgzNzlWMTc3WiIgdHJhbnNmb3JtPSJ0cmFuc2xhdGUoLTIzNyAtMTc3KSIvPgogIDwvZz4KPC9zdmc+');
}

あとがき

簡単にBase64形式に変換できて便利ですね。SVGをCSSにてBase64形式で指定する際は、ぜひご活用ください。

ちなみに、大石真也さんが作成した「SVGデータをCSSのbackground-image向けのBase64コードにかんたん変換ツール」という日本製のツールもあります。

こちらもSVGコードを貼り付けるとBase64にエンコードしてくれ、さらにCSSのプロパティまで生成してくれるので楽です。

SVGデータをCSSのbackground-image向けのBase64コードにかんたん変換ツール

ぜひ「SVGデータをCSSのbackground-image向けのBase64コードにかんたん変換ツール」もチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。