CSSをJavaScript用のコードに変換してくれるWebサービス「CSS2JS」

CSSをJavaScript用のコードに変換してくれるWebサービス「CSS2JS」

CSSをJavaScript用のコードに変換してくれるWebサービス「CSS2JS」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

CSS2JSは、CSSからJavaScript用のコードに変換してくれるWebサービスです。また、逆にJavaScriptのコードからCSSに変換することも可能です。

ユーザー登録不要で、すぐに利用できます。

CSS2JSの使い方

CSS2JSにアクセスして、CSSのコードを入力するだけです。

コードの入力

最初にサンプルが入っていますが、例えば以下のCSSを入力すると、

display: block;
font-size: 16px;
background: #1e2f5d;
color: #a4cff4;
font-family: "Inter", sans-serif;
font-weight: bold;

以下のようなJavaScript用のコードに変換してくれます。

{
  display: "block",
  fontSize: 16,
  background: "#1e2f5d",
  color: "#a4cff4",
  fontFamily: "'Inter', sans-serif",
  fontWeight: "bold",
}

変換する処理を変更したい場合は、上部のプルダウンから選択します。

変換処理の変更

変換処理の種類は以下から選択可能です。

  • CSS → JS object
  • CSS → React props
  • JS object → CSS
  • JS object → React props
  • React props → JS object

あとがき

非常にシンプルなサービスですが、かなり重宝するケースはありそうですね。

CSSをJavaScript用のコードに変換するのが面倒な際はぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。