プログラミングに最適なフリーフォントを試すことができるWEBサービス「Programming Fonts」

プログラミングに最適なフリーフォントを試すことができるWEBサービス「Programming Fonts」

プログラミングに最適なフリーフォントを試すことができるWEBサービス「Programming Fonts」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Programming Fontsは、プログラミングに最適なフリーフォントを実際に文字入力して試すことができるWEBサービスです。

英語のO(オー)と数字の0(ゼロ)や英語のL(エル)と数字の1(イチ)など、紛らわしい文字の見分けが付きやすいフォントがまとめられています。

スポンサードリンク

Programming Fontsの使い方

Programming Fontsにアクセスして、左側からフォントを選択します。

フォントの選択

右側に表示されるエディタでは、実際に文字を入力してフォントを試すことができます。

フォント選択の下部にあるオプションを設定することで、フォントサイズやエディタのテーマ、言語の種類などを変更できます。

オプションの設定

[Info & Download]をクリックすると、フォントのダウンロードページにアクセスできます。

フォントのダウンロード

気に入ったフォントがあったら、ダウンロードしてインストールしてみましょう。

あとがき

テキストエディタで使うフォントって結構迷いますよね。英語のO(オー)と数字の0(ゼロ)など、紛らわしい文字が認識しやすいフリーフォントがまとめられているのは大変ありがたいです。

お気に入りのフォントを探してみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。