URLを入力するだけでスクリーンショット付きのサイトマップを生成してくれるWEBサービス「VisualSitemaps」

URLを入力するだけでスクリーンショット付きのサイトマップを生成してくれるWEBサービス「VisualSitemaps」

URLを入力するだけでスクリーンショット付きのサイトマップを生成してくれるWEBサービス「VisualSitemaps」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

VisualSitemapsは、URLを入力するだけでサイト内のページを解析し、スクリーンショット付きのサイトマップを生成してくれるWEBサービスです。

VisualSitemapsは無料でも利用できますが、アカウント登録が必要で、サイトマップが生成できるのは2階層50ページまでです。

月額29ドル~の有料版にアップグレードすれば、階層は無制限になり、1500ページまでスクリーンショット付きのサイトマップが生成できるようになります。

紹介動画も用意されているので、動画を見ていただくとどのようなサービスかイメージできると思います。

スポンサードリンク

VisualSitemapsの使い方

VisualSitemapsにアクセスして、右上の[Sign Up]からアカウント登録を行います。

VisualSitemapsへのアカウント登録

登録画面が開くので、メールアドレスとパスワードを入力して、[Sign up]をクリックします。

メールアドレス・パスワードの入力

続いて、名前・職種・ワークスペースのURLを入力して、[Next]をクリックします。

名前・職種・ワークスペースのURLを入力

VisualSitemapsにログインしてダッシュボードが開くので、[Create Sitemap]をクリックします。

Create Sitemap

サイトマップを作成したいサイトのURLを入力します。

サイトマップのURLを入力

URLが認識されたら、[Craw it]をクリックしてサイトの解析をスタートします。

サイトの解析スタート

しばらく待つとサイトマップが生成されます。[View]をクリックしてサイトマップを開きましょう。

サイトマップの生成完了

このようなスクリーンショット付きのサイトマップが表示されます。

生成されたサイトマップ

左下にある[Share]ボタンをクリックすると、サイトマップページのURLがコピーされます。サイトマップを共有したい時は、サイトマップページのURLを共有したい相手に知らせましょう。

[export]ボタンからは、サイトマップをPDFでダウンロードすることができます。

サイトマップのダウンロード・共有

あとがき

各ページのスクリーンショット付きなので、視覚的にもわかりやすいサイトマップが作成できますね。

資料としてサイトマップを用意したい時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。