プラグインを使わずに独自のカスタムフィールドを追加する方法

プラグインを使わずに独自のカスタムフィールドを追加する方法

プラグインを使わずに独自のカスタムフィールドを追加する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラグインを使わずに、独自のカスタムフィールドを追加する方法をご紹介いたします。

独自のカスタムフィールドをプラグインなしで実装したい場合は、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

プラグインを使わずに独自のカスタムフィールドを追加する方法

独自のカスタムフィールドを追加するには、add_meta_box()関数を使います。

add_meta_box( '$id', $title, $callback, $page, $context, $priority );
$id 編集画面に追加されるメタボックスを包括するID
$title メタボックスに表示されるタイトル
$callback 入力エリアの関数名
$page 投稿タイプ名
$context メタボックスを配置する場所
$priority 優先度

実際にカスタムフィールドを追加するためのコードは以下の通りです。これを適用しているテーマのfunctions.phpに追加します。

functions.php
//カスタムフィールドのメタボックス
function add_custom_fields() {
add_meta_box( 'meta_id', '独自のカスタムフィールド', 'insert_custom_fields', 'post', 'normal');
}
add_action('admin_menu', 'add_custom_fields');
//カスタムフィールドの入力エリア
function insert_custom_fields() {
global $post;
echo '<p>テキストの入力: <input type="text" name="custom_fields" value="'.get_post_meta($post->ID, 'custom_fields', true).'" size="50"></p>';
if( get_post_meta($post->ID,'custom_checkbox',true) == "is-on" ) { //チェックされていたらチェックボックスの$custom_checkbox_checkにcheckedを挿入
$custom_checkbox_check = "checked";
}
echo '<p>チェックボックス: <input type="checkbox" name="custom_checkbox" value="is-on" '.$custom_checkbox_check.'></p>';
}
//カスタムフィールドの値を保存
function save_custom_fields( $post_id ) {
if(!empty($_POST['custom_fields'])) { //入力済みの場合
update_post_meta($post_id, 'custom_fields', $_POST['custom_fields'] ); //値を保存
} else { //未入力の場合
delete_post_meta($post_id, 'custom_fields'); //値を削除
}
if(!empty($_POST['custom_checkbox'])) { //チェックされている場合
update_post_meta($post_id, 'custom_checkbox', $_POST['custom_checkbox'] );
} else { //チェックされていない場合
delete_post_meta($post_id, 'custom_checkbox');
}
}
add_action('save_post', 'save_custom_fields');

まず、add_meta_box()関数でメタボックスを追加します。IDやラベル等の値は変更してください。

insert_custom_fields()では、出力するフィールドを設定します。ここでは、テキストフィールドとチェックボックスを出力しています。

save_custom_fields()では、入力された値を保存します。

上記を追加すると、投稿の編集画面に以下のような項目が追加されます。

独自のカスタムフィールドの追加

入力されたカスタムフィールドの値を取得・出力する

カスタムフィールドの値を取得して出力するには、テーマ内に以下を記述します。

<!-- テキストの出力 -->
<p>改行なし:<?php echo esc_html(get_post_meta($post->ID,'custom_fields',true)); ?></p>
<p>改行あり:<?php echo nl2br(get_post_meta($post->ID,'custom_fields',true)); ?></p>
<!-- チェックボックス -->
<?php
if( get_post_meta($post->ID,'custom_checkbox',true) == "is-on" ) {
echo "チェックあり";
} else {
echo "チェックなし";
}
?>

カスタムフィールドの値はget_post_meta()関数を使って出力します。

チェックボックスの方は、チェックが入っている場合は「is-on」という値が入るように設定してあるので、それを使って条件分岐させます。

あとがき

カスタムフィールドは、Advanced Custom FieldsCustom Field Template等のプラグインを使えば簡単に追加することができますが、シンプルなものであれば独自に追加しても難しくはないですね。

参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。