カスタム投稿タイプの記事数をダッシュボードの「現在の状況」に表示させる方法

カスタム投稿タイプの記事数をダッシュボードの「現在の状況」に表示させる方法

カスタム投稿タイプの記事数をダッシュボードの「現在の状況」に表示させる方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 国内別地域の宿泊検索もできます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
※2013/12/30追記
WordPress3.8以降のバージョンでは、この方法は使えなくなりました。WordPress3.8以降でカスタム投稿タイプの記事数をダッシュボードに表示させる場合は、カスタム投稿タイプの記事数をダッシュボードの「概要」に表示する方法をご参照ください。

カスタム投稿タイプで作成した記事の投稿数は、デフォルトだとダッシュボードの「現在の状況」には表示されません

現在の状況

デフォルトの状態だとこんな感じですね。「投稿」「固定ページ」の記事数しか表示されません。

投稿や固定ページの記事数だけでなく、カスタム投稿タイプの記事数もダッシュボードに表示させたいという場面もあるかと思います。

そこで、今回はカスタム投稿タイプの記事数をダッシュボードに表示させる方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

カスタム投稿タイプの記事数をダッシュボードに表示させる方法

カスタム投稿タイプで作成した記事の投稿数をダッシュボードの「現在の状況」に表示するには、以下のコードをfunctions.phpに追記します。


function custom_posttype_dashboard() {
 $custom_post_type = 'test';
 global $wp_post_types;
 $num_post_type = wp_count_posts( $custom_post_type );
 $num = number_format_i18n($num_post_type->publish);
 $text = _n( $wp_post_types[$custom_post_type]->labels->singular_name, $wp_post_types[$custom_post_type]->labels->name, $num_post_type->publish );
 $capability = $wp_post_types[$custom_post_type]->cap->edit_posts;

 if (current_user_can($capability)) {
 $num = "<a href='edit.php?post_type=" . $custom_post_type . "'>$num</a>";
 $text = "<a href='edit.php?post_type=" . $custom_post_type . "'>$text</a>";
 }

 echo '<tr>';
 echo '<td class="first b b_' . $custom_post_type . '">' . $num . '</td>';
 echo '<td class="t ' . $custom_post_type . '">' . $text . '</td>';
 echo '</tr>';
}
add_action('right_now_content_table_end', 'custom_posttype_dashboard');

2行目($custom_post_type = ‘test’;)のtestの部分をカスタム投稿タイプの名前に変更します。

上記コードをfunctions.phpに記述することで、ダッシュボードの「現在の状況」にカスタム投稿タイプの記事数が表示されるようになります。

カスタム投稿タイプの記事数をダッシュボードに表示

上記画像では、「test post」というカスタム投稿タイプの記事数を表示させています。

あとがき

コードのコピペでサクッと記事数を表示させることができるので、カスタム投稿タイプを作成している方はぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。