プラグインやテーマを自身で翻訳できるWordPressプラグイン「Loco Translate」

プラグインやテーマを自身で翻訳できるWordPressプラグイン「Loco Translate」

プラグインやテーマを自身で翻訳できるWordPressプラグイン「Loco Translate」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Loco Translateは、プラグインやテーマを自身で翻訳できるWordPressプラグインです。

すでに翻訳ファイルが存在しているプラグインやテーマの場合は、翻訳内容を変更することができます。

スポンサードリンク

Loco Translateのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Loco Translateをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Loco Translateを有効化します。

Loco Translateの設定

Loco Translateを有効化したら、[Loco Translate] – [Settings]でプラグインの設定を行います。

Loco Translateの設定
Compiling MO files MOファイルのコンパイル
Extracting strings 文字列の抽出
Saving PO/POT files PO/POTファイルの保存
File system access ファイルシステムへのアクセス
Grant access to roles 翻訳を許可するユーザー権限

Loco Translateの使い方

すでに翻訳ファイルが存在している場合

テーマの「Twenty Nineteen」の翻訳を変更してみます。[Loco Translate] – [Themes]にアクセスし、Twenty Nineteenを選択します。

「日本語」の翻訳がすでに存在しているので、[Edit]をクリックして翻訳ファイルの編集画面を開きます。

翻訳ファイルの編集画面を開く

編集画面を開くと翻訳の一覧が表示されます。「Source text」が元の言語、「Translation」が翻訳された内容です。

この一覧の中から翻訳を変更したい箇所を選択します。すると、下の入力欄に元の言語と翻訳内容が表示されるので、「日本語 translation」に翻訳を入力します。

翻訳の変更

編集が完了したら、[Save]をクリックして保存します。

試しに「コメントを残す」を「コメントを残してくれぇ~」に変更してみました。

翻訳変更
翻訳ファイルが存在していない場合

翻訳ファイルが存在していない場合は、新しく翻訳ファイルを作成します。

Loco Translate自体が日本語に翻訳されていないので、翻訳ファイルを作成してみましょう。

[Loco Translate] – [Plugins]から「Loco Translate」を選択し、[New language]をクリックします。

New language

「Choose a language」で日本語を選択し、「Choose a location」で翻訳ファイルの保存先を指定します。

翻訳ファイルの作成

[Start translating]をクリックすると、翻訳ファイルの編集画面が開きます。あとは、既存の翻訳を変更する時と同じように、翻訳したい箇所を選択して翻訳内容を入力していきます。

翻訳の入力

設定画面の見出しを翻訳してみました↓

設定画面の翻訳

あとがき

一部分だけ翻訳したい箇所がある場合に便利です。あと、あまり慣れていない人が使う時に、日本語に翻訳してあげるとわかりやすくなりますね。

自身のサイトを翻訳するだけでなく、他の利用者も翻訳を使えるようにしたい場合は、「WordPress コア・プラグイン・テーマの翻訳手順」を参考にWordPressに貢献しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。