WordPressで記事一覧のループの回数をカウントして記事数によって処理を変える方法

WordPressで記事一覧のループの回数をカウントして記事数によって処理を変える方法

WordPressで記事一覧のループの回数をカウントして記事数によって処理を変える方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressで記事一覧を出力する時に、ループの回数をカウントする方法をご紹介いたします。カウントされたループの総数を使って、ループの回数に応じて異なる処理を行うことができます。

スポンサードリンク

WordPressで記事一覧のループの回数をカウントして記事数によって処理を変える方法

まずは、ループの回数をカウントするために、functions.phpに以下コードを追加します。

functions.php

function loopPostCount(){
  global $wp_query;
  return ($wp_query->post_count);
}

ループ側では、以下のようにカウントした数値を使います。


<?php
if(have_posts()):
while(have_posts()): the_post();
if(loopPostCount() === 1):
?>
  ループの回数が1回の場合(記事が1つしかない場合)
<?php else: ?>
  ループの回数が2回以上の場合(記事が2つ以上ある場合)
<?php endif; ?>

「loopPostCount()」にはループの総数が入るので、「if(loopPostCount() === 1)」は”ループの回数が1回の場合”という条件分岐になります。

条件分岐を変えることで、色々な処理が可能ですね。

あとがき

上述した例のように、記事が1つしかない場合と2つ以上ある場合で処理を変えるパターンは、案件によってはあり得るかなと思います。

記事の数によってループの処理を変えたい時は、ぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。