外部ドメインも可!複数のWordPressサイトを一元管理できるプラグイン「MainWP」

外部ドメインも可!複数のWordPressサイトを一元管理できるプラグイン「MainWP」

外部ドメインも可!複数のWordPressサイトを一元管理できるプラグイン「MainWP」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MainWPは、複数のWordPressサイトを一元管理することができるプラグインです。別のドメイン間でも一元管理が可能です。

MainWPを導入することで、以下のようなことができるようになります。

  • 管理しているWordPressサイトの一覧表示
  • 管理サイトの一括アップデート
  • 管理サイトへのアクセス
  • 管理サイトへのリモート投稿
  • 管理サイト内の過去記事を検索・変更・削除
  • 管理サイトの投稿やデータベースのバックアップ
  • 管理サイトへのテーマ追加および変更
  • 管理サイトへのプラグインのインストール(有効化も)およびアップデート
  • 管理サイトのユーザー管理
スポンサードリンク

MainWPのインストール

メインサイト

一元管理を行うサイトには、MainWP Dashboardをインストールします。既存のサイトにインストールしても良いですが、MainWP Dashboardは新規のWordPressサイトにインストールして、管理用のサイトとして利用するのがおすすめです。

インストール手順は以下の通りです。

  1. MainWP Dashboardをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、MainWP Dashboardを有効化します。
管理対象のサイト

管理対象のサイトには、MainWP Childをインストールします。

インストール手順は以下の通りです。

  1. MainWP Childをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、MainWP Childを有効化します。

MainWPの設定(管理サイトの追加手順)

MainWP Dashboardを有効化すると、初期設定のステップが始まります。設定手順について解説していきます。

1. Welcome画面が表示されるので、[Let’s Go!]をクリックして次に進みます。

MainWPの設定

2. サーバーのタイプを選択します。Web上に公開しているサイトの場合は「Web Host」を選択します。ローカル環境の場合は「Localhost」を選択してOSの種類を指定します。

サーバーのタイプ

3. サーバーの環境がチェックされ、サポート状況を確認できます。問題なければ、[Continue]をクリックして次へ進みます。

サーバーの状況チェック

4. サーバーの種類やホスティングの状況を選択します。

ホスティングの状況

5. MainWP ChildをインストールしているサイトでMainWPの情報を非表示にするか設定します。デフォルトの「No」にしておいて問題ありません。

MainWP Childの非表示

6. MainWPからのメール通知を有効にするか設定をします。

メール通知の設定

7. バックアップの実行有無と利用するバックアッププラグインを選択します。バックアップを実行する場合、次の画面でMainWP Extensionsのアカウント作成を求められます。

バックアップの設定

8. 「Uptime Robot」による監視設定を行います。管理サイトの死活監視を行いたい場合は、設定してください。

ネットワーク死活監視の設定

9. WordPress管理画面で非表示にする項目を選択します。

管理画面で非表示にする項目

10. [Add New Site]をクリックして、管理サイトの追加に移動します。

MainWP初期設定完了

11. 管理対象サイトの情報を入力します。

管理サイトの情報を入力

Site URL 管理サイトのURL
Administrator username 管理者のユーザー名
Friendly site name サイト名
Groups グループ
Child Unique Security ID MainWP Childで取得できるセキュリティID
Verify certificate SSL通信
SSL version SSLのバージョン
Force use of IPv4 IPv4の強制使用
HTTP username Basic認証のユーザー名
HTTP password Basic認証のパスワード

12. 管理サイト側では、MainWP Childを有効化して、[設定] – [MainWP Child]にアクセスします。「Require unique security ID」にチェックを入れて保存すると、セキュリティIDが表示されます。

セキュリティIDの取得

13. [MainWP] – [Sites] – [Manage Sites]にアクセスすると、追加した管理サイトが表示されます。

管理対象サイトの表示

14. [MainWP] – [Sites] – [Add New]から、さらに管理サイトを追加することができます。

以上でMainWPの設定は完了です。

あとがき

ドメインに関係なく一元管理できるのはありがたいですね。WordPressサイトを複数所有していると、管理が煩雑になってしまうので、MainWPを導入して一元管理しちゃいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。