投稿や固定ページなどのコンテンツを引っ越しできるWordPressプラグイン「Moving Contents」

投稿や固定ページなどのコンテンツを引っ越しできるWordPressプラグイン「Moving Contents」

投稿や固定ページなどのコンテンツを引っ越しできるWordPressプラグイン「Moving Contents」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • オンカジ初のNFT競馬育成ゲーム登場!
    馬を育成して馬主になろう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Moving Contentsは、投稿や固定ページ、カスタムメニューなどを別サイトに移行できるWordPressプラグインです。

簡単にコンテンツをお引越しすることが可能です。

スポンサードリンク

Moving Contentsで維持される情報

以下の情報は移行元サイトの情報が維持されます。ただし、インポート時にユーザーの紐付けは変更可能です。

  • ID
  • ユーザーID
  • 日付と時刻
  • 投稿
  • 固定ページ
  • コメント
  • カテゴリー
  • タグ
  • タクソノミー
  • メディアライブラリ(データベースのみ)

Moving Contentsのインストール

インストール手順は以下の通りです。

ファイルをFTPでアップロードしてインストール

  1. Moving Contentsをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Moving Contentsを有効化します。

WordPress管理画面でインストール

  1. [プラグイン] – [新規追加]にアクセスします。
  2. 「Moving Contents」で検索します。
  3. [今すぐインストール]をクリックして、Moving Contentsをインストールします。
  4. [有効化]をクリックしてプラグインを有効化します。

Moving Contentsの使い方

移行元サイトと移行先サイトの両方にMoving Contentsをインストールします。

移行元サイトでデータをエクスポート

まずは、移行元サイトでデータをエクスポートしましょう。

[Moving Contents] – [エクスポート]にアクセスして、[JSON形式でエクスポート]をクリックします。ファイルが生成されるので、[ダウンロード]からファイルをダウンロードしましょう。

移行元でのコンテンツファイルエクスポート

wp-content/uploadsフォルダ内のファイルを移行

wp-content/uploadsフォルダ内のファイルを移行先サーバーにアップロードします。

メディアファイルの移行は手動での作業が必要です。

移行先サイトでデータをインポート

移行先サイトにて、データをインポートします。

[Moving Contents] – [インポート]にアクセスして、各種設定を行います。

インポート時の設定
データベース コンテンツ関連のデータベースをすべて消去
ユーザー ユーザーIDの置き換え
コンテンツ コンテンツ内のURL置換
実行時間 インポートの実行時間

エクスポートしたファイルを選択して[JSONからインポート]をクリックすると、データがインポートされます。

あとがき

使い方も簡単だし、URLの置換もできて便利ですね。

ちなみに、エクスポートを定期実行するための有料アドオン「Moving Contents Add On」も用意されています。アドオンを購入すれば、バックアップ用途でも使えますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。