ブロックにスクロールアニメーションを追加できるWordPressプラグイン「Blocks Animation: CSS Animations for Gutenberg Blocks」

ブロックにスクロールアニメーションを追加できるWordPressプラグイン「Blocks Animation: CSS Animations for Gutenberg Blocks」

ブロックにスクロールアニメーションを追加できるWordPressプラグイン「Blocks Animation: CSS Animations for Gutenberg Blocks」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • オンカジ初のNFT競馬育成ゲーム登場!
    馬を育成して馬主になろう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Blocks Animation: CSS Animations for Gutenberg Blocks(以下Blocks Animationと呼びます)は、各ブロックにスクロールアニメーション(可視範囲に入ったらアニメーション付きで表示されるアレです)を追加することができるWordPressプラグインです。

また、テキストのタイピングアニメーションや数字のカウントアップアニメーションも実装することが可能です。

スポンサードリンク

Blocks Animationのインストール

インストール手順は以下の通りです。

ファイルをFTPでアップロードしてインストール

  1. Blocks Animationをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Blocks Animationを有効化します。

WordPress管理画面でインストール

  1. [プラグイン] – [新規追加]にアクセスします。
  2. 「Blocks Animation」で検索します。
  3. [今すぐインストール]をクリックして、Blocks Animationをインストールします。
  4. [有効化]をクリックしてプラグインを有効化します。

Blocks Animationの使い方

投稿編集画面でブロックを選択すると、ブロックの設定に「Animations」という項目が追加されています。

ブロックアニメーションの設定

[Loading Animations]でアニメーションの種類・遅延・速度を選択します。

アニメーションの種類など設定

タイピングやカウントアップのアニメーションを追加したい場合は、テキストや数字を選択した状態で[Count Animations]や[Typing Animations]を選択します。

カウントアップアニメーションの追加

右側のブロック設定では、アニメーションの遅延と速度を設定できます。

アニメーションの遅延と速度の設定

特定のページでプラグインを無効化したい場合

Blocks Animationを有効化すると、以下のようなCSSとJavaScriptが読み込まれます。

<link rel='stylesheet' id='animate-css-css'  href='https://example.com/wp-content/plugins/blocks-animation/assets/animate/animate.compact.css' media='all'>
<link rel='stylesheet' id='otter-animation-css'  href='https://example.com/wp-content/plugins/blocks-animation/build/animation/index.css' media='all'>

<script src='https://example.com/wp-content/plugins/blocks-animation/build/animation/frontend.js' id='otter-animation-frontend-js'></script>
<script src='https://example.com/wp-content/plugins/blocks-animation/build/animation/anim-count.js' id='otter-count-js'></script>
<script src='https://example.com/wp-content/plugins/blocks-animation/build/animation/anim-typing.js' id='otter-typing-js'></script>

特定のページでは必要ないので、これらのファイルの読み込みを停止したいケースもあるかと思います。

例えば、トップページでBlocks Animationを無効化したい際は、適用しているテーマのfunctions.phpに以下コードを追記します。

function my_block_animation_disable() {
  if(is_front_page()) {
    wp_dequeue_style('animate-css'); //animate.compact.cssの読み込み停止
    wp_dequeue_style('otter-animation'); //index.cssの読み込み停止
    wp_dequeue_script('otter-animation-frontend'); //frontend.jsの読み込み停止
    wp_dequeue_script('otter-count'); //anim-count.jsの読み込み停止
    wp_dequeue_script('otter-typing'); //anim-typing.jsの読み込み停止
  }
}
add_action('wp_enqueue_scripts', 'my_block_animation_disable');

上記コードを追加することで、Blocks Animationによって読み込まれるCSSとJavaScriptが、トップページでは読み込まれなくなります。

あとがき

簡単にアニメーションを追加できて便利ですね。操作も直感的でわかりやすいです。

各ブロックにアニメーションを追加したいと思った時は、ぜひBlocks Animationを試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。