写真のアップロード時にメタ情報(Exif)を自動で削除してくれるWordPressプラグイン「VA Removing Exif」

写真のアップロード時にメタ情報(Exif)を自動で削除してくれるWordPressプラグイン「VA Removing Exif」

写真のアップロード時にメタ情報(Exif)を自動で削除してくれるWordPressプラグイン「VA Removing Exif」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カメラやスマホで撮影した写真には、撮影に使ったカメラの情報や撮影時間・撮影場所など、様々なメタ情報が写真の中に含まれています。特に位置情報(GPS)を残したままサイトに掲載すると、写真を調べることで撮影した場所が正確にわかってしまいます。これにより、自宅が特定されて、犯罪に巻き込まれてしまうといった話もたまに聞きますね。

撮影した本人が個人的に管理しているのであれば、メタ情報から撮影時間や場所などがわかると便利ではあるのですが、公開する写真にメタ情報を含めていてもメリットがあまりありません。(写真ブログ等であえてメタ情報を載せたいという時は別ですが)

そこで今回は、写真に含まれるメタ情報(Exif)を自動的に削除してくれるWordPressプラグイン「VA Removing Exif」をご紹介します。写真をアップロードした際に自動的にメタ情報をすべて削除してくれます。

スポンサードリンク

VA Removing Exifのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. VA Removing Exifをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、VA Removing Exifを有効化します。

VA Removing Exifの設定

基本的にはプラグインを有効化するだけでOKですが、[設定] – [メディア]にアクセスすると、VA Removing Exifの設定項目が一つだけ追加されています。

VA Removing Exifの設定

「Exif の保存」にチェックを入れるとExifがデータベースに保存され、wp_get_attachment_metadata関数で値を取得できるようになります。

あとがき

VA Removing Exifを導入するだけで簡単にExifが削除できますね。

ちなみに、写真を多く取り扱うサイトだと、EWWW Image Optimizerを導入している場合も多いかと思います。EWWW Image Optimizerを導入している場合は、Exifを削除する機能が付いているので、あえて他のプラグインを追加する必要はありません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。