WordPressで扱えるファイルの種類を追加できるプラグイン「WP Extra File Types」

WordPressで扱えるファイルの種類を追加できるプラグイン「WP Extra File Types」

WordPressで扱えるファイルの種類を追加できるプラグイン「WP Extra File Types」

WP Extra File Typesは、WordPressで扱えるファイルの種類を管理することができるプラグインです。

通常はアップロードができない拡張子のファイルでも、WP Extra File Typesをインストールすることでアップロードが可能になります。

スポンサードリンク

WP Extra File Typesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. WP Extra File Typesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP Extra File Typesを有効化します。

WP Extra File Typesの使い方

WordPress管理画面で[設定] – [Extra File Types]にアクセスし、アップロードを許可したい拡張子にチェックを入れます。

WP Extra File Typesの使い方

「Check only file extensions」にチェックを入れると拡張子のみをチェックするようになります。この項目は、有効にしたい拡張子にチェックを入れているのにアップロードができない場合にチェックします。

「Skip WordPress checks」にチェックを入れると、WordPressによるファイルチェックをスキップします。許可するファイルタイプをすべて自分で管理したい時にチェックしてください。

さらに、一番下にある「Add your custom file types」からは、リストに存在しないファイルタイプを追加することができます。

ファイルタイプの追加

あとがき

以前紹介したSafe SVGではSVGファイルのアップロードを可能にしましたが、WP Extra File Typesはあらゆる拡張子に対応しています。

デフォルトの状態ではアップロードが許可されていない種類のファイルをWordPressで扱えるようにしたい時はご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。