公開された投稿や固定ページで編集内容を即時反映せずに下書き保存することができるWordPressプラグイン「WP Post Branches」

公開された投稿や固定ページで編集内容を即時反映せずに下書き保存することができるWordPressプラグイン「WP Post Branches」

公開された投稿や固定ページで編集内容を即時反映せずに下書き保存することができるWordPressプラグイン「WP Post Branches」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WP Post Branchesは、投稿や固定ページでブランチを作成することができるWordPressプラグインです。すでに公開された投稿や固定ページを編集する場合、更新すると編集内容は即時公開ページに反映されます。

WP Post Branchesを導入することで、編集内容を即時反映させずに、一旦下書きとして保存することができるようになります。さらに、編集内容を反映させるタイミングを予約投稿することも可能です。

スポンサードリンク

WP Post Branchesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. WP Post Branchesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP Post Branchesを有効化します。

WP Post Branchesの使い方

WP Post Branchesを有効化すると、投稿や固定ページの編集画面に[ブランチを作る]というボタンが表示されます。[ブランチを作る]をクリックすると、ブランチが作成され、編集内容を下書き保存することができるようになります。

WP Post Branchesの使い方

ブランチを作成したら、通常通り記事を編集して、下書き保存や公開を実行します。公開する際に日付を指定すれば、初回の公開時と同じように編集内容を予約投稿することができます。

あとがき

公開された記事を一旦下書きに戻すことなく、内容を変更できて便利ですね。ブランチ作成後に予約投稿を実施した場合も、公開されたページはそのままで影響はありません。

また、カスタム投稿にも対応していて、マルチサイトでも利用できました。

すでに公開されているページを編集することが多い場合は、ぜひ導入をご検討ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。