スライド画像を虫眼鏡でズームできる機能がついている一風変わったjQueryスライダー「Zoom SlideShow」

スライド画像を虫眼鏡でズームできる機能がついている一風変わったjQueryスライダー「Zoom SlideShow」

スライド画像を虫眼鏡でズームできる機能がついている一風変わったjQueryスライダー「Zoom SlideShow」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Zoom SlideShowは、虫眼鏡によるズーム機能が備えられたスライダーを実装することができるjQueryプラグインです。

デモは以下でご確認いただけます。メインのスライド画像にマウスカーソルを合わせると、虫眼鏡が出てきて画像をズームできます。

デモページを見る

スポンサードリンク

Zoom SlideShowの導入手順

ステップ1. Zoom SlideShowのダウンロードとファイルの設置

GitHubからZoom SlideShowのファイル一式をダウンロードします。

下記のファイルをサーバーにアップロードします。

  • css/style.css
  • js/prefixfree.min.js
  • zoom-slideshow.js
ステップ2. jQuery本体とZoom SlideShowのファイルの読み込み

ファイルが設置できたら、jQuery本体とそれぞれのファイルを読み込みます。

<head>~</head>では、スタイルシートを読み込みます。

<link rel="stylesheet" href="css/style.css" type="text/css" media="all" charset="utf-8">

</body>の直前でjQuery本体とスクリプトを読み込みましょう。


<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/prefixfree.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="js/zoom-slideshow.js"></script>

jQueryのバージョンは、3系には対応していないので2系を使います。

ステップ3. HTMLのマークアップ

スライド部分のHTMLは以下のようにします。


<div id="zoom"></div>
<div id="wrapper">
  <div id="content">
    <div id="view">
      <img src="media/img/Desert.jpg" alt="">
    </div>
    <div id="thumbs">
      <div id="nav-left-thumbs"><</div>
      <div id="pics-thumbs">
        <img src="media/img/nature1.jpg" alt="Nature1">
        <img src="media/img/nature2.jpg" alt="Nature2">
        <img src="media/img/nature3.jpg" alt="Nature3">
        <img src="media/img/nature4.jpg" alt="Nature4">
        <img src="media/img/nature5.jpg" alt="Nature5">
        <img src="media/img/nature6.jpg" alt="Nature6">
        <img src="media/img/nature7.jpg" alt="Nature7">
        <img src="media/img/nature8.jpg" alt="Nature8">
        <img src="media/img/nature9.jpg" alt="Nature9">
      </div>
      <div id="nav-right-thumbs">></div>
    </div>
  </div>
</div>

後程スクリプトで指定しますが、#zoomが虫眼鏡です。#viewがメインのスライドで、#thumbsがサムネイルになります。

スライダー部分は、#wrapperと#contentで内包していますが、CSSで中央寄せなどのスタイルが指定されているので、記述しておくと楽です。

ステップ4. Zoom SlideShowの実行

最後に、Zoom SlideShowを実行します。以下を</body>の直前に記述しましょう。


<script>
$(document).ready(function() {
  $('#view').setZoomPicture({ //メインのスライドの要素
    thumbsContainer: '#pics-thumbs', //サムネイルの要素
    prevContainer: '#nav-left-thumbs', //前のスライドに移動する矢印の要素
    nextContainer: '#nav-right-thumbs', //次のスライドに移動する矢印の要素
    zoomContainer: '#zoom', //虫眼鏡の要素
    zoomLevel: 2, //ズームレベル
    loadMsg: 'Chargement...' //画像読み込み中のメッセージ
  });
});
</script>

メインのスライドやサムネイル、スライド移動用の矢印などの要素を指定していきます。また、ズームレベルや画像読み込み中のメッセージも指定可能です。

あとがき

ギャラリー等でズーム機能が欲しい時に活用できますね。一風変わったスライダーを実装したい時は、ぜひ導入をご検討ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。