Google Chromeのアドレスバーでhttpsやwwwを省略せずURL全体を表示するように設定する方法

Google Chromeのアドレスバーでhttpsやwwwを省略せずURL全体を表示するように設定する方法

Google Chromeのアドレスバーでhttpsやwwwを省略せずURL全体を表示するように設定する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    格安で広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Google Chromeのアドレスバーでは、https(もしくはhttp)やwwwが省略して表示されるようになりました。

当ブログの場合、こんな感じですね↓

Chromeのアドレスバー

アドレスバーをクリックするとhttpsやwwwが付いた完全なURLを表示できますが、常にURL全体を見えるようにしておきたいという場合もあると思います。

そんな時のために、httpsやwwwを省略せず、常にURL全体を表示するように設定する方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

Google Chromeのアドレスバーでhttpsやwwwを省略せずURL全体を表示するように設定する方法

※Chromeのバージョンは「83.0.4103.61」で設定しました。今後のアップデートで仕様が変わる可能性がありますのでご注意ください。

まずは、Chromeのアドレスバーに「chrome://flags/#omnibox-context-menu-show-full-urls」を入力してアクセスします。

「Context menu show full URLs」を[Enable]に変更し、[Relaunch]をクリックしてChromeを再起動します。

Context menu show full URLs

Chromeが再起動したら、アドレスバーを右クリックして、[URL全体を常に表示]にチェックを入れます(クリックするとチェックが入ります)。

URL全体を常に表示

これで、httpsやwwwを省略せずに、URL全体を表示するようになります。

アドレスバーでURL全体を表示

www付きのアドレスの場合はこんな感じです↓

www付きのURL

あとがき

SSLのマークが目立たなくなったり、httpsを省略したりと、アドレスバー周りの仕様は頻繁に変わりますね。

なお、元通りの省略した表示に戻したい場合は、[URL全体を常に表示]のチェックを外しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。