SVGファイルの取り扱いを許可してくれるWordPressプラグイン「SVG Support」

SVGファイルの取り扱いを許可してくれるWordPressプラグイン「SVG Support」

SVGファイルの取り扱いを許可してくれるWordPressプラグイン「SVG Support」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPressでは、デフォルトの状態だとSVGファイルをアップロードすることができません。投稿や固定ページの中にSVGを挿入したくても、アップロードしようとするとエラーで弾かれてしまいます。

SVG Supportは、WordPressでSVGファイルを扱えるようにしてくれるプラグインです。SVG Supportをインストールすることで、メディアライブラリにSVGファイルをアップロードできるようになります。

スポンサードリンク

SVG Supportのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. SVG Supportをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、SVG Supportを有効化します。

SVG Supportの設定

[設定] – [SVG Support]で細かい設定を行えます。

SVG Supportの設定
Restrict to Administrators? 管理者のみ許可
Load frontend CSS? プラグインのCSSをロード
Enable Advanced Mode? 詳細設定の表示
Output JS in Footer? JavaScriptをフッターに出力
Use Expanded JS? 拡張JSの使用
CSS Class to target クラス名の変更
Automatically insert class? クラスの自動追加
Force Inline SVG? インラインSVG化

細かい設定が不要な場合は、「Enable Advanced Mode」はオフで良いかと思います。

設定が完了したら、通常の画像と同じようにSVGファイルをアップロードしてみましょう。

あとがき

Safe SVG」や「WP SVG images」といった、同じようにWordPressでSVGを扱えるようにするプラグインも過去にご紹介しております。

Safe SVGとWP SVG imagesには設定項目もないので、インストールするだけで使えます。細かい設定を変更する必要がない場合は、Safe SVGやWP SVG imagesの方が楽ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。