CSSによるフィルターを任意の画像で確認してコードをコピーできるWebサービス「FilterSS」

CSSによるフィルターを任意の画像で確認してコードをコピーできるWebサービス「FilterSS」

CSSによるフィルターを任意の画像で確認してコードをコピーできるWebサービス「FilterSS」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

FilterSSは、画像に対するCSSフィルターをプレビューで確認しながら、CSSコードをコピーできるWebサービスです。

任意の画像を選択できて、色相やコントラストなどを変更するためのCSSをコピーできます。

スポンサードリンク

FilterSSの使い方

FilterSSへアクセスして、[Select]でフィルターをかけたい画像を選択します。

画像の選択

フィルターが適用された画像の一覧が表示され、気に入ったフィルターの画像をクリックするとCSSコードがコピーされます。

フィルターのかかった画像の一覧

コピーしたコードをCSSファイルにペーストして、画像にフィルターを追加しましょう。例えば、セピアの場合は以下のようなコードがコピーされますので、”filter-4″というクラスを画像に追加して適用します。もしくはクラス名を画像のクラスと合わせて変更します。

.filter-4 {-webkit-filter: sepia(.5) contrast(1.2) saturate(1.8);filter: sepia(.5) contrast(1.2) saturate(1.8);}

なお、filterプロパティの各ブラウザ対応状況は以下の通りです。

filterプロパティのブラウザ対応状況

IEには対応していないのでIEでもフィルターを適用させたい場合は、CSS-Filters-Polyfillのようなポリフィルを使用して対応します。

あとがき

任意の画像で確認しながら検討できるのは便利ですね。

CSSで画像にフィルターをかけたい時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。