Dropboxにアップロードした画像を劣化させずに軽量化してくれる「LightFile for Dropbox」

Dropboxにアップロードした画像を劣化させずに軽量化してくれる「LightFile for Dropbox」

Dropboxにアップロードした画像を劣化させずに軽量化してくれる「LightFile for Dropbox」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

LightFile for Dropboxは、Dropboxにアップロードした画像のサイズを劣化させずに軽量化してくれるサービスです。AIで解析することで、劣化しないよう一定の画質を保っているとのことです。

スポンサードリンク

LightFile for Dropboxの使い方

LightFile for Dropboxにアクセスして、Dropboxのアカウントでログインします。

Dropboxログイン

「LightFile が Dropbox に保存されているフォルダ「アプリ › LightFile」へのアクセスをリクエストしています」と表示されるので、[許可]をクリックします。

フォルダへのアクセス許可

「DropboxにログインしてLightFileとリンクしました」と表示されれば、連携完了です。

Dropbox連携完了

Dropboxの「アプリ」フォルダを開くと、「LightFile」というフォルダが追加されています。LightFileフォルダに画像ファイル(jpg)をアップロードすると、自動で軽量化してくれます。フォルダにも対応しているので、フォルダごとLightFile内にアップしてもOKです。

LightFileフォルダ

画像ファイル1つであれば、数秒で軽量化されました。画像は上書き保存されるので、一見何も変わっていないように思えますが、ファイルサイズが減少していると思います。アップロードした3.72MBの画像ファイルが1.4MBまでサイズ軽減できました。

ファイルサイズの減少

以下の左がオリジナル(3.72MB)で、右が軽量化された画像(1.4MB)です。全然見た目ではわからないですよね。

軽量化された画像比較

なお、対応している画像ファイルはJPEGのみです。

使い方動画も用意されているので、チェックしてみてください。

あとがき

LightFileフォルダに画像ファイルを入れるだけなので楽ですね。Dropboxを使っていて、写真のサイズを減らしたい時はぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。