投稿や固定ページの一覧をCSVやXMLでエクスポートできるWordPressプラグイン「Export WordPress data to XML/CSV」

投稿や固定ページの一覧をCSVやXMLでエクスポートできるWordPressプラグイン「Export WordPress data to XML/CSV」

投稿や固定ページの一覧をCSVやXMLでエクスポートできるWordPressプラグイン「Export WordPress data to XML/CSV」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Export WordPress data to XML/CSVは、投稿や固定ページなどの一覧をCSVやXMLでエクスポートできるWordPressプラグインです。

スポンサードリンク

Export WordPress data to XML/CSVでエクスポートできる項目

Export WordPress data to XML/CSVでは、以下の項目をエクスポートでき、どの項目をエクスポートファイルに含めるか選択が可能です。

  • 投稿ID
  • タイトル
  • 本文
  • 抜粋
  • 投稿日
  • 投稿タイプ
  • パーマリンク
  • スラッグ
  • 投稿に紐づく画像
  • 添付ファイルの一覧
  • カテゴリー
  • タグ
  • カスタムフィールド
  • 公開ステータス
  • 作成者
  • 投稿フォーマット
  • テンプレート
  • 親ページ
  • 投稿の順序
  • コメントの許可状態
  • トラックバック/ピンバックの許可状態

Export WordPress data to XML/CSVのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Export WordPress data to XML/CSVをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、WP All Exportを有効化します。

Export WordPress data to XML/CSVの使い方

[すべてのエクスポート] – [新規エクスポート]にアクセスし、エクスポートしたい投稿タイプを選択します。

エクスポートする投稿タイプの選択

[エクスポートファイルをカスタマイズします]をクリックします。

エクスポートファイルをカスタマイズします

エクスポートする項目を右側の一覧からドラッグ&ドロップして選択します。最初は「投稿ID」「タイトル」「本文」が選択された状態です。

エクスポートする項目の選択

「Export Type」では、エクスポートするファイルの種類を選択できます。デフォルトではCSVですが、XLS(エクセル)やXMLにも変更できます。

[続行]をクリックして、エクスポートのスケジュールと高度な設定で詳細設定を行います。高度な設定では、「エクスポートファイルにBOMを含める」にチェックを入れておくと文字化け対策になります。

スケジュール設定と高度な設定

[エクスポートの確認&実行]をクリックするとエクスポートが実行されます。エクスポートが完了したら、[Download]タブの[CSV]ボタンからファイルをダウンロードしましょう。

CSVファイルのダウンロード

なお、スケジュールを設定していなくても、[すべてのエクスポート] – [エクスポートを管理]からいつでもエクスポートを実行できます。

エクスポートを管理

あとがき

エクスポートのスケジュール機能も付いていて便利です。

以前、投稿をCSVでエクスポートできるWP CSV Exporterというプラグインを紹介しましたが、Export WordPress data to XML/CSVの方がより詳細に設定することができますね。

投稿や固定ページの一覧をエクスポートしたい時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。