サイトへ訪問したユーザーの行動を動画で記録してくれるWEBサービス「LogRocket」

サイトへ訪問したユーザーの行動を動画で記録してくれるWEBサービス「LogRocket」

サイトへ訪問したユーザーの行動を動画で記録してくれるWEBサービス「LogRocket」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

LogRocketは、発行されたスクリプトをサイトに仕込むことで、ユーザーの行動を動画で記録してくれるWEBサービスです。

ユーザーがどのような操作を行っているのか動画で確認できるたため、サイトの改善に役立てることができます。

スポンサードリンク

LogRocketの使い方

LogRocketへアクセスし、[Get Started Free]をクリックします。

Get Started Free

ユーザー登録をしてサインインします。GitHubやGoogleアカウント、もしくはメールアドレスでサインインできます。

LogRocketへサインイン

「Welcome to LogRocket!」と表示されるので、[CONTINUE]をクリックして次へ進みます。

Welcome to LogRocket

プロジェクト名を入力して、[CONTINUE]をクリックします。

プロジェクト名の入力

[SCRIPT TAG]を開いて、表示されるスクリプトをサイトに埋め込みます。タグは、</body>の直前に記述すればOKです。

スクリプトタグ

しばらくしてダッシュボードにアクセスすると、記録された動画が表示されます。確認したいアクセスの再生ボタンをクリックすると、動画が再生されます。

動画の再生

動画の再生ページは以下のような感じです。左側にページが表示されて、マウスの位置やスクロールなどの動きが確認できます。

動画再生

右側のタブで[Details]を選択すると、ユーザーの属性も確認可能です。

ユーザー属性の確認

動画に記録したくない要素がある場合

例えば、フォームの入力を記録したくないなど、動画に残したくない要素がある場合は、その要素に「_lr-hide」というクラスを追加すれば、動画内では非表示になります。

<div class="_lr-hide">非表示にしたい要素</div>

あとがき

料金については、1,000セッション/月 の記録までは無料、月99ドルで10,000セッションまで記録できるようになります。

ただ、管理画面の「Plan Usage & Upgrade」のページにアクセスしたら、5,000セッションまで無料で使えるっぽい感じでした。

料金

料金体系のページでは1,000セッションまでと書かれていましたが、変わったのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。