Contact Form 7とGoogleスプレッドシートを連携できるWordPressプラグイン「CF7 Google Sheets Connector」

Contact Form 7とGoogleスプレッドシートを連携できるWordPressプラグイン「CF7 Google Sheets Connector」

Contact Form 7とGoogleスプレッドシートを連携できるWordPressプラグイン「CF7 Google Sheets Connector」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

CF7 Google Sheets Connectorは、Contact Form 7のフォームとGoogleスプレッドシートを連携できるWordPressプラグインです。

CF7 Google Sheets Connectorを導入すると、送信された内容をGoogleスプレッドシートに自動で記録できます。

スポンサードリンク

CF7 Google Sheets Connectorのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. CF7 Google Sheets Connectorをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、CF7 Google Sheets Connectorを有効化します。

CF7 Google Sheets Connectorの使い方

Googleスプレッドシートの作成

まずは、フォームの送信内容を記録するためのGoogleスプレッドシートを作成します。今回は、わかりやすいようにシート名を「sheet」、タブの名前を「tab」にして作成しました。シートとタブの名前は任意で構いません(日本語でもOK)。

次に、記録したい項目の名前をシートに入力していきます。各項目名は、フォームの編集画面を開いて確認しましょう。

記録したい項目の入力

Googleスプレッドシート側の作業はこれで完了です。

フォームとスプレッドシートの連携

Contact Form 7のフォーム編集画面を開いて、[Google Sheets]のタブを開きます。「Google Sheet Name」にはスプレッドシートのシート名、「Google Sheet Tab Name」にはタブの名前を入力します。

シート名とタブ名の入力

最後に、[お問い合わせ] – [Google Sheets]にアクセスして、[Get Code]からアクセスコードを取得します。

アクセスコードの取得

[Get Code]をクリックすると、Googleアカウントへのアクセス許可を求められるので[許可]をクリックして次に進みます。

Googleアカウントへのアクセス許可

表示されたコードをコピーして、「Google Access Code」に入力します。

アクセスコードのコピー

これで、Contact Form 7とGoogleスプレッドシートの連携完了です。

フォームからメッセージを送信すると、以下のようにスプレッドシートに記録されていきます。

スプレッドシートへの記録

あとがき

フォームから送信された内容は、通常通りメールでも届きます。

イベントの受付などで、スプレッドシートに送信内容をまとめたい時は便利ですね。自動で記録されていくので楽です。

Contact Form 7のフォームとGoogleスプレッドシートを連携させたい時は、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。