ユーザーが自分自身のアカウントを削除できるようになるWordPressプラグイン「Delete Me」

ユーザーが自分自身のアカウントを削除できるようになるWordPressプラグイン「Delete Me」

ユーザーが自分自身のアカウントを削除できるようになるWordPressプラグイン「Delete Me」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Delete Meは、ユーザーが自分自身を削除できるようにするためのWordPressプラグインです。

通常WordPressでは、ユーザーを削除できるのは管理者のみですし、管理者権限であっても自分自身を削除することはできません。

Delete Meを導入することで、自分自身のアカウントを削除できるようになりますので、会員制のサイトなどで活用できると思います。

スポンサードリンク

Delete Meのインストール

インストール手順は以下の通りです。

ファイルをFTPでアップロードしてインストール

  1. Delete Meをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Delete Meを有効化します。

WordPress管理画面でインストール

  1. [プラグイン] – [新規追加]にアクセスします。
  2. 「Delete Me」で検索します。
  3. [今すぐインストール]をクリックして、Delete Meをインストールします。
  4. [有効化]をクリックしてプラグインを有効化します。

Delete Meの設定

WordPress管理画面で、[設定] – [Delete Me]にアクセスして、ユーザー削除を許可する権限などを設定します。

Delete Meの設定
Roles 自身でのアカウント削除が可能なユーザー権限
Your Profile プロフィール画面に表示される削除ボタンのテキストや警告文など
Shortcode ショートコードによって出力されるリンクのテキストや警告文など
Multisite マルチサイトのみ。”Delete From Network”にチェックを入れるとネットワーク全体からユーザーを削除
Miscellaneous ユーザー削除と同時にコメント削除・通知メール送信をするかどうか

ユーザーの削除方法

削除方法は2通りありますので、それぞれ説明いたします。

プロフィールから削除

まず1つ目は、プロフィールから削除する方法です。削除したいユーザーでWordPressにログインして、[プロフィール]を開きます。

最下部に[Delete Account]というボタンが追加されていますのでクリックします。

ユーザー削除ボタン

パスワードの入力を求められるので、ログインパスワードを入力して[Confirm Deletion]をクリックします。

パスワードの入力

ユーザーは削除され、トップページに移動します。

ショートコードを設置したページから削除

ユーザー削除ボタンを表示するショートコードを設置して削除することもできます。

以下のショートコードをページ内に挿入することで、ユーザー削除ボタンを表示できます。

[plugin_delete_me]

ユーザーの削除が許可されていない権限のユーザーがアクセスした際に、メッセージを表示したい場合は、囲み型のショートコードを利用します。

[plugin_delete_me]Text inside Shortcode tags[/plugin_delete_me]

テーマのテンプレート内に設置したい場合は、以下のようにdo_shortcode関数を用います。

<?php echo do_shortcode( '[plugin_delete_me]' ); ?>
<?php echo do_shortcode( '[plugin_delete_me]Text inside Shortcode tags[/plugin_delete_me]' ); ?>

ショートコードが設置できたら、削除したいユーザーでWordPressにログインしたうえで、ページにアクセスします。

[Delete Account]とユーザー削除ボタンが表示されるのでクリックします。

ユーザー削除ページ

警告のポップアップが表示されるので、[OK]をクリックします。

これでユーザーは削除されます。

プロフィールから削除する場合と異なり、パスワードの入力は必要ないのでご注意ください。

あとがき

会員制のサイトとかライターがたくさん参加するようなサイトで活用できますね。

自分自身でアカウントを削除する機能が欲しい際は、ぜひDelete Meの導入をご検討ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。