WordPressのユーザーページや投稿詳細ページでユーザー情報を取得・表示する方法

WordPressのユーザーページや投稿詳細ページでユーザー情報を取得・表示する方法

WordPressのユーザーページや投稿詳細ページでユーザー情報を取得・表示する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ユーザーページ(author.php)や投稿詳細ページ(single.php)などで、ユーザーのプロフィール情報を取得・表示させる方法をご紹介いたします。

以前紹介したthe_author_meta関数を使ってプロフィール情報を取得・表示することもできますが、今回はget_userdata関数を使ってユーザーの情報を取得・表示させる方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

WordPressのユーザーページや投稿詳細でユーザー情報を取得・表示する方法

get_userdata関数を使って、author.phpやsingle.php内でユーザー情報を取得・表示するには、テンプレート内で以下のように記述します。

<?php
  $user_info = get_userdata($author);
  echo $user_info->ID; //ユーザーID
  echo $user_info->user_login; //ユーザー名
  echo $user_info->user_pass; //パスワード(暗号化済)
  echo $user_info->user_email; //メールアドレス
  echo $user_info->user_url; //サイトURL
  echo $user_info->user_registered; //登録日
  echo $user_info->display_name; //ブログ上の表示名
  echo $user_info->first_name; //名
  echo $user_info->last_name; //姓
  echo $user_info->nickname; //ニックネーム
  echo $user_info->description; //プロフィール
  echo $user_info->admin_color; //管理画面の配色
  echo $user_info->rich_editing; //ビジュアルエディタの使用可否
?>

「get_userdata($author)」で閲覧ページのユーザー情報が取得されます。取得されたユーザー情報を$user_infoに格納し、「$user_info->ID」のように出力したい値を指定しています。

あとがき

一括してユーザー情報を取得できるので、the_author_metaよりも記述がすっきりして使いやすいと思います。

値を変数に格納して扱うので、プロフィールを出力するだけでなく、WP_Queryなどの絞り込み条件としても指定可能ですね。

WordPressでユーザー情報を取得したい時は、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。