WordPress本体・プラグイン・テーマの更新通知を非表示にする方法

WordPress本体・プラグイン・テーマの更新通知を非表示にする方法

WordPress本体・プラグイン・テーマの更新通知を非表示にする方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    格安で広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPressでは、新しいバージョンがリリースされてバージョンアップ可能になると、管理画面上部に「WordPress x.xが利用可能です!更新してください。」といったような更新通知が表示されます。

何らかの事情でこの通知を消したい場合もあるかと思います。そういう時のために、WordPressの本体やプラグイン、テーマの更新通知をオフ(非表示)にする方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

WordPress本体の更新通知を非表示にする

WordPress本体の更新通知を非表示にするには、functions.phpに以下のコードを追加します。

remove_action('wp_version_check', 'wp_version_check');
remove_action('admin_init', '_maybe_update_core');
add_filter('pre_site_transient_update_core', '__return_zero');

プラグインの更新通知を非表示にする

プラグインの更新通知を非表示にするには、functions.phpに以下のコードを追加します。

remove_action( 'load-update-core.php', 'wp_update_plugins' );
add_filter( 'pre_site_transient_update_plugins', function($arg){ return null; } );

特定プラグインの更新通知を非表示にする

特定のプラグインの更新通知を非表示にするには、functions.phpに以下のコードを追加します。

function filter_hide_update_notice($data) {
  if (isset($data->response['pluginsフォルダからプラグインファイルまでのパス'])) {
    unset($data->response['pluginsフォルダからプラグインファイルまでのパス']);
  }
}
add_filter('site_option__site_transient_update_plugins', 'filter_hide_update_notice');

パスは、wp-content/pluginsフォルダから、プラグインのメインファイルまでのパスを記述します。例えば、Akismetなら以下のようになります。

function filter_hide_update_notice($data) {
  if (isset($data->response['akismet/akismet.php'])) {
    unset($data->response['akismet/akismet.php']);
  }
}
add_filter('site_option__site_transient_update_plugins', 'filter_hide_update_notice');

テーマの更新通知を非表示にする

テーマの更新通知を非表示にするには、functions.phpに以下のコードを追加します。

remove_action( 'load-update-core.php', 'wp_update_themes' );
add_filter( 'pre_site_transient_update_themes', function($arg){ return null; } );

あとがき

のっぴきならない理由がない限りは、更新通知を消すのはおすすめしません。

サイトを守る上でも、WordPress本体・プラグイン・テーマを最新版にアップデートして使った方が良いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。