WordPressテーマのテンプレート内でYouTubeの埋め込み動画を設置する方法

WordPressテーマのテンプレート内でYouTubeの埋め込み動画を設置する方法

WordPressテーマのテンプレート内でYouTubeの埋め込み動画を設置する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPressの投稿や固定ページでは、YouTube動画のURLを本文に入力するだけ埋め込み動画として設置できます。YouTubeだけでなく、VimeoやTwitterなどにも対応していますね。

これと同じようにテーマのテンプレート内でも、YouTubeのURLから埋め込み動画として表示させることが可能です。その方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

WordPressのテーマのテンプレート内でYouTubeの埋め込み動画を設置する方法

普通に埋め込み動画用のコードを取得して設置すればいいんじゃない?となるかもしれません。たしかにその通りなのですが、例えばカスタムフィールドでYouTube動画のURLを入力して、入力したURLから埋め込み動画として表示させようとなった場合、URLから埋め込みコードへの変換が必要になります。

そんな手間をかけなくても、以下のようにYouTube動画のURLを指定するだけで、埋め込み動画として表示してくれるwp_oembed_getという便利な関数が用意されています。

<?php echo wp_oembed_get('https://www.youtube.com/watch?v=sFQ9oa9RX4o'); ?>

Advanced Custom Fieldsのカスタムフィールドに入力したURLから、埋め込み動画として表示させるには、以下のように記述します。

<?php
$youtube_url = get_field('youtube_url');
echo wp_oembed_get($youtube_url);
?>

第2引数で横幅や高さの最大値を指定することもできます。

<?php
$youtube_url = get_field('youtube_url');
echo wp_oembed_get($youtube_url, array('width' => 560, 'height' => 315));
?>

あとがき

クライアントワークで、投稿ごとに異なるYouTubeの埋め込み動画を設置したいという要望があった際に便利ですね。

実際に動画を設置したいと言われることは結構ありますし、先日もACF Proの柔軟コンテンツの中で埋め込み動画を入れたいという要望があって、wp_oembed_get関数を使って実装しました。

テーマのテンプレート内で埋め込み動画を設置したい時は、ぜひwp_oembed_get関数を活用してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。