EC-CUBE4のインストール手順

EC-CUBE4のインストール手順
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EC-CUBE4のインストール手順をご紹介いたします。

EC-CUBE4はEC-CUBE3に比べて、パフォーマンスや機能が改善されてより使いやすくなっていますね。特にパフォーマンスは2倍の速度になっているとのことです。

2.x系/3.x系/4.x系のデモが公式サイトで用意されていますので、それぞれ体感して比べてみましょう。

スポンサードリンク

EC-CUBE4のインストール手順

EC-CUBE4インストールの流れとしては、以下の通りです。

  1. ファイルのダウンロード
  2. ファイルのアップロード
  3. インストール開始
  4. 権限チェック
  5. サイトの設定
  6. データベースの設定
  7. データベースの初期化
  8. インストール完了
1. ファイルのダウンロード

まずはダウンロードページからEC-CUBE4をダウンロードしましょう。ファイルのダウンロードには、無料の会員登録が必要です。

EC-CUBE4のダウンロード
2. ファイルのアップロード

ダウンロードしたファイルを解凍し、すべてのファイルをサーバーにアップロードしてください。アップロードが完了したら、EC-CUBE4のファイルをアップロードしたディレクトリにブラウザからアクセスします。(例:https://example.com/ec/)

3. インストール開始

「ようこそ」という画面が開き、インストールが開始されます。[次へ進む]をクリックして、次の手順に進みます。

EC-CUBE4のインストール開始
4. 権限チェック

アクセス権限のチェックが行われます。[次へ進む]をクリックして進みます。

アクセス権限のチェック
5. サイトの設定

下記項目を入力し、サイトの設定を行います。

EC-CUBEサイトの設定
あなたの店名 サイト名
メールアドレス メールアドレス
管理画面ログインID 管理画面へのログイン用ID
管理画面パスワード ログインパスワード
管理画面のディレクトリ名 管理画面のディレクトリ名(管理画面のURL)
管理画面へのアクセスを、以下のIPに制限します IPアドレスによるアクセス制限
SMTPホスト メール送信用のホスト名
SMTPポート メール送信用のポート番号
SMTPユーザー SMTPのユーザー名
SMTPパスワード SMTPのパスワード
6. データベースの設定

下記項目を入力し、データベースの設定を行います。

データベースの設定
  • データベースの種類
  • データベースのホスト名
  • データベースのポート番号(省略可)
  • データベース名
  • ユーザ名
  • パスワード
7. データベースの初期化

データベースの初期化を行います。

データベースの初期化
8. インストール完了

データベースの初期化が終わればインストール完了です。[管理画面を表示]をクリックして、EC-CUBEの管理画面にアクセスしましょう。

テンプレートをカスタマイズしたい場合

EC-CUBE4をインストールしてすぐのサイトです。デフォルトテンプレートでも十分綺麗で今風ですね。

EC-CUBE4インストール直後

テンプレートをカスタマイズして、オリジナルのデザインに変更したい場合は、開発ドキュメントを参考にしてください。

私の場合は、デフォルトテンプレートを変更したくないので、デフォルトテンプレートを複製してからカスタマイズしています。

[オーナーズストア] – [テンプレート] – [テンプレート一覧]でデフォルトテンプレートをダウンロードし、[オーナーズストア] – [テンプレート] – [アップロード]から別テンプレートとして登録します。

メール送信ができない場合

注文受付メールなどが届かない場合は、インストール時に設定したSMTPの設定が間違っている可能性があります。

SMTPの設定は、ルートディレクトリにある.envというファイルに保存されています。25行目辺りに以下のような記述があるかと思います。

MAILER_URL=smtp://info@example.com:password@sv1234.xserver.jp:587?encryption=tls

ここを直接編集しても良いのですが、開発ドキュメントのインストール方法によると、.envファイルを本番環境で利用するのは推奨しないということです。じゃあ何で生成するんだよって感じですが(^^;

.htaccessで定義してあげるのが好ましいようです。SMTPの設定を変更するには、ルートディレクトリの.htaccessに以下のような記述を追加してあげます。

SetEnv MAILER_URL smtp://info@example.com:password@sv1234.xserver.jp:587?encryption=tls

あとがき

EC-CUBE4のインストール自体は全然難しくないですね。

これからEC-CUBEを使ってみようという方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。