Windows10で勝手にスリープになる現象を防ぐための対処法

Windows10で勝手にスリープになる現象を防ぐための対処法

Windows10で勝手にスリープになる現象を防ぐための対処法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Windows10でスリープするまでの時間は、[設定] – [システム] – [電源とスリープ]で設定することができます。

スリープ設定

通常はこの設定をオフにしていれば、手動でスリープさせないといけないはずなのですが、スリープ設定をオフにしているにも関わらず、数分すると勝手にスリープされてしまう現象が発生することがあります。

勝手にスリープする現象は、「システム無人スリープタイムアウト」という設定が影響しています。システム無人スリープタイムアウトは、「無人の状態でスリープを解除した時にスリープになるまでの時間」の設定で、デフォルトだと2分や5分に設定されていることがほとんどみたいです。

勝手にスリープになる現象が発生しているPCでは、マウスやキーボードによるスリープ解除が、システムによる無人のスリープ解除と判断されているわけですね。

先日、知人のPCで数分おきにスリープになっていて、システム無人スリープタイムアウトの設定を変更することで解決しましたので、手順をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Windows10で勝手にスリープになる現象を防ぐための対処法

「システム無人スリープタイムアウト」は、デフォルトでは表示されていないため、レジストリを操作して設定項目を表示させる必要があります。

検索ボックスに「regedit」と入力して、レジストリエディターを起動します。

レジストリエディターを起動

以下のレジストリキーを開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20\7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0

「Attributes」という値があるので、値のデータを「2」に変更します。

Attributes

「コントロール パネル\ハードウェアとサウンド\電源オプション\プラン設定の編集」から、[詳細な電源設定を変更]を開きます。ノートPCの場合は、タスクバーに表示されている電源マークを右クリックして、[電源オプション]を選択します。

詳細な電源設定を変更

「システム無人スリープタイムアウト」という設定項目が追加されているので、時間を変更してください。

システム無人スリープタイムアウト

スリープさせたくない場合は、600分とかにしておけば十分かなと思います。これで、勝手にスリープすることはなくなります。

あとがき

PCが勝手にスリープされて困っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

それにしても、マウスやキーボードによるスリープ解除が、なんで無人と判断されるんでしょうね…やっかいな現象です(^^;

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。