WordPress管理画面のカラースキームを生成できるWebサービス「WordPress Admin Colors Generator」

WordPress管理画面のカラースキームを生成できるWebサービス「WordPress Admin Colors Generator」

WordPress管理画面のカラースキームを生成できるWebサービス「WordPress Admin Colors Generator」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPress Admin Colors Generatorは、WordPress管理画面のカラースキームを生成できるWebサービスです。

WordPress Admin Colors Generatorを使えば、簡単にオリジナルのカラースキームを作成できます。

スポンサードリンク

WordPress Admin Colors Generatorの使い方

WordPress Admin Colors Generatorにアクセスして、[Start Creating]をクリックします。

WordPress Admin Colors Generatorでカラースキームの作成開始

「Color Scheme Name」と「Color Scheme Id」を任意で入力し、「Choose your colors」で各種色の設定をしていきます。Color Scheme Nameは、管理画面で表示されるカラースキームの名前です。

WordPress Admin Colors Generatorで各種設定

[Generate Color Scheme]をクリックすると、CSSとPHPのコードが表示されます。

WordPress Admin Colors Generatorが生成したCSSとPHPのコード

CSSはファイルをダウンロードして、テーマディレクトリ直下に設置します。

続いて、functions.phpにPHPコードを追加します。

function test_admin_color_scheme() {
  //Get the theme directory
  $theme_dir = get_template_directory_uri();
 
  //test
  wp_admin_css_color( 'test', __( 'test' ),
    $theme_dir . '/test.css',
    array( '#cf4944', '#fff', '#ccaf0b' , '#dd823b')
  );
}
add_action('admin_init', 'test_admin_color_scheme');

WordPress管理画面で、[ユーザー] – [プロフィール]にアクセスすると、追加したカラースキーム(管理画面の配色)が選択できるようになっています。

WordPress Admin Colors Generatorで追加したカラースキームの選択

あとがき

標準で用意されている配色がいまいちピンとこない場合は、WordPress Admin Colors Generatorでオリジナルのカラースキームを作成しましょう。

管理画面もフロント側とトンマナを揃えると、クライアントから喜ばれるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。