カテゴリー・タグ・カスタムタクソノミーに画像を登録して出力できるようになるWordPressプラグイン「Categories Images」

カテゴリー・タグ・カスタムタクソノミーに画像を登録して出力できるようになるWordPressプラグイン「Categories Images」

カテゴリー・タグ・カスタムタクソノミーに画像を登録して出力できるようになるWordPressプラグイン「Categories Images」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • Amazonギフト券を安く買って、予算内で商品が探せるサイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Categories Imagesは、カテゴリーやタグ、カスタムタクソノミーに画像を登録できるようになるWordPressプラグインです。登録して紐づけた画像はテーマ内で出力することができます。

スポンサードリンク

Categories Imagesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Categories Imagesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Categories Imagesを有効化します。

Categories Imagesの設定

WordPress管理画面の[設定] – [Categories Images]にて、画像登録を除外するカテゴリーを選択できます。

Categories Imagesの設定

チェックを入れたカテゴリーやタクソノミーでは、画像の登録項目が出てこなくなります。

カテゴリー・タグ・タクソノミーへの画像の登録

カテゴリーやタグの登録画面を開くと、とりあえずデフォルトの画像が登録されています。すでに登録済みのカテゴリーは、[編集]から画像を変更することができます。

カテゴリー・タグ・タクソノミーへの画像の登録

新規追加するカテゴリーについては、「Image」という項目で画像を登録することができます。

登録した画像の出力

category.phpなどで、以下のコードを記述すると、登録した画像が表示されます。

<img src="<?php if (function_exists('z_taxonomy_image_url')) echo z_taxonomy_image_url(); ?>">

あとがき

カテゴリー・タグのみでなく、カスタムタクソノミーにも対応してくれるのがありがたいですね。

カテゴリー毎に異なる画像を登録してカテゴリーのアーカイブページなどで表示したい、というケースは結構あるのではないでしょうか。プラグインを使わずテーマを編集して画像を切り替えることもできますが、クライアントが直接画像を登録できるので、自分たちで変更したいという要望に応えることができます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。