Gutenbergでも標準のカスタムフィールド入力欄を復活させるWordPressプラグイン「Custom Fields for Gutenberg」

Gutenbergでも標準のカスタムフィールド入力欄を復活させるWordPressプラグイン「Custom Fields for Gutenberg」

Gutenbergでも標準のカスタムフィールド入力欄を復活させるWordPressプラグイン「Custom Fields for Gutenberg」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


  • 国内別地域の宿泊検索もできます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPressの投稿エディターがGutenbergに変わると、標準で実装されているカスタムフィールドの入力欄が使えなくなってしまいます。(検証したところ、Advanced Custom Fieldsで追加したフィールドはGutenbergでも表示されました)

Custom Fields for Gutenbergは、標準のカスタムフィールド入力欄を復活させるためのWordPressプラグインです。

スポンサードリンク

Custom Fields for Gutenbergのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Custom Fields for Gutenbergをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Custom Fields for Gutenbergを有効化します。

Custom Fields for Gutenbergの設定

WordPress管理画面で[設定] – [Custom Fields for Gutenberg]にアクセスして、設定を行います。

Custom Fields for Gutenbergの設定

「Post Types」でカスタムフィールド入力欄を表示したい投稿タイプにチェックを入れます。

「Options」では、その他の細かいところを設定できます。

Exclude Protected 非表示のフィールドを表示しない
Exclude Empty 空のフィールドを表示しない
Exclude Fields 除外するフィールド
Reset Options 設定のリセット

以下のように、カスタムフィールドの入力欄がGutenbergでも使えるようになります。

カスタムフィールドの復活

あとがき

プラグインを使わずに、標準のカスタムフィールド入力欄を使ってカスタムフィールドの値を設定していた場合は、Custom Fields for Gutenbergを導入してGutenbergでもカスタムフィールド入力欄が使えるようにしておきましょう。

もしくは、Classic EditorDisable Gutenbergを導入して、Gutenbergを無効化してしまうのも一つの手ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。