Gutenbergを無効化することができるWordPressプラグイン「Disable Gutenberg」

Gutenbergを無効化することができるWordPressプラグイン「Disable Gutenberg」

Gutenbergを無効化することができるWordPressプラグイン「Disable Gutenberg」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Disable Gutenbergは、Gutenbergを無効化することができるWordPressプラグインです。

すべてのGutenbergを無効化するだけでなく、特定のユーザー権限や特定の投稿タイプでのみ、Gutenbergを無効化することもできます。

スポンサードリンク

Disable Gutenbergのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Disable Gutenbergをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Disable Gutenbergを有効化します。

Disable Gutenbergの設定

WordPress管理画面で[設定] – [Disable Gutenberg]にアクセスします。

Complete Disable Gutenbergをすべて無効化
Disable for Administrator 管理者でのGutenberg無効化
Disable for Editor 編集者でのGutenberg無効化
Disable for Author 投稿者でのGutenberg無効化
Disable for Contributor 寄稿者でのGutenberg無効化
Disable for Subscriber 購読者でのGutenberg無効化
Disable for 投稿 投稿でのGutenberg無効化
Disable for 固定ページ 固定ページでのGutenberg無効化
Disable Templates 特定のテンプレートでのGutenberg無効化
Disable for Post IDs 特定の投稿でのGutenberg無効化
Disable Nag ダッシュボードの”Try Gutenberg”を無効化
Plugin Menu Item プラグインメニューの非表示
Gutenberg Menu Item Gutenbergプラグインメニューの非表示
Reset Options 設定のリセット

「Disable for User Roles(ユーザー権限)」「Disable for Post Types(投稿タイプ)」「Disable for Templates(テンプレート)」「Disable for Post IDs(投稿ID)」の設定は、「Complete Disable」からチェックを外すと現れます。

あとがき

先日紹介したClassic Editorとは異なる形でGutenbergを無効化することができますね。Gutenbergを無効化する際には、Classic EditorかDisable Gutenbergのいずれかをインストールすれば大丈夫かと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。