CSSの改行やスペースを削除して軽量化することができる「CSS Minifier」

CSSの改行やスペースを削除して軽量化することができる「CSS Minifier」

CSSの改行やスペースを削除して軽量化することができる「CSS Minifier」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSS Minifierは、CSS内の改行やスペースを削除して、ファイルを軽量化することができるWEBサービスです。

CSS内の改行やスペースを削除して軽量化することで、コードの読み込み速度を上昇させることができます。

例えば、以下のようなCSSを

.entry-title {
font-size: 33px;
font-weight: 300;
line-height: 1.0909090909;
margin-bottom: 12px;
margin: 0 0 12px 0;
text-transform: uppercase;
}
.entry-title a {
color: #2b2b2b;
}
.entry-title a:hover {
color: #41a62a;
}

以下のように1行にまとめることできます。

.entry-title{font-size:33px;font-weight:300;line-height:1.0909090909;margin:0 0 12px;text-transform:uppercase}.entry-title a{color:#2b2b2b}.entry-title a:hover{color:#41a62a}

余計な改行やスペースを削除することで、CSSを軽量化してくれるというわけです。

CSSの改行やスペースを削除して軽量化することができる「CSS Minifier」

スポンサードリンク

CSS Minifierの使い方

1. CSS Minifierにアクセスします。
2. 「Input CSS」にCSSを入力して、[Minify]をクリックします。

Input CSS

3. 「Minified Output」に改行・スペースが削除されたCSSが表示されます。

Minified Output

このように、入力したCSSを1行にまとめてくれます。あとは、表示されたコードをコピーして利用しましょう。

あとがき

JavaScript MinifierというWEBサービスを紹介しましたが、そのCSS版です。JavaScriptとCSSの両方で軽量化しておけば、さらに表示速度の高速化に繋がりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。