テキストに影を付けるためのCSSプロパティ「text-shadow」

テキストに影を付けるためのCSSプロパティ「text-shadow」

テキストに影を付けるためのCSSプロパティ「text-shadow」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前ボックス要素に影をつける方法を紹介しましたが、テキストにも影を付けることができます。

テキストに影を付けるには text-shadow というプロパティを使いますが、値の指定方法は box-shadow とよく似ています。

スポンサードリンク

テキストに影を付ける方法

例えば以下のような HTML があったとします。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>テキストに影をつける</title>
</head>
<body>
<div id="tshadow">TECHMEMO</div>
</body>
</html>

text-shadow を使うと、「TECHMEMO」というテキスト部分に影を付けることができます。

CSS では以下のように指定してみてください。

#tshadow {
text-shadow:3px 3px red;
font-size:30px;
}

わかりやすいようにフォントサイズを大きくしています。最初の値で横方法、二番目の値で縦方向の配置位置を指定します。三番目の値は影の色を指定しています。「3px 3px red」というように指定することで、右に 3px 、下に 3px の位置に赤の影が付けられます。

テキストに影をつける

値を色々と変えてみると、感覚が掴めると思います。

影をぼかす

box-shadow と同様に影をぼかすことも可能です。影をぼかすためには、値の三番目に数値を追加します。

text-shadow:5px 5px 3px red;

このように指定することで、影がぼんやりとなってぼかすことができます。

影をぼかす

影を複数追加する

影を複数追加することもできます。影を複数追加する場合は、box-shadow と同様にカンマ(,)で区切って値を指定します。

text-shadow:3px 3px green,-3px -3px red;

このようにマイナスの値を指定することもできます。マイナスを指定すると、横方向は左、縦方向は上になります。

複数の影をつける

これはかなりゴチャゴチャしていますが、以下のように均等に影を配置するよう指定すれば、立体的に見せたりすることもできます。

text-shadow:1px 1px #fff,2px 2px green;

テキストを立体的に見せるテクニック

あとがき

text-shadow もうまく活用すれば色々な表現ができると思います。色々と試して遊んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。