WEBページに設置したフォームのオートコンプリート機能を無効化する方法

WEBページに設置したフォームのオートコンプリート機能を無効化する方法

WEBページに設置したフォームのオートコンプリート機能を無効化する方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 一式98,000円~の格安プランをご用意!Web制作お任せください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBページに設置したフォームで、ブラウザのオートコンプリート機能を無効化する方法を紹介します。

オートコンプリートとは、ブラウザにIDやパスワードの情報を保存することができる機能のことです。WEBサービスなどでIDやパスワードを入力すると、よく以下のような画面が出てきますね。これがオートコンプリート機能です。

パスワードの保存

オートコンプリートはブラウザの機能ですが、WEBページに設置したフォーム側で制御することが可能です。フォーム側でオートコンプリートを無効化するための記述方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

WEBページに設置したフォームのオートコンプリート機能を無効化する方法

オートコンプリートを無効化するには、サイトに設置したフォームにautocomplete属性を追加します。

form要素で定義

form要素で定義する場合は、以下のように記述します。

<form method="POST" action="form.php" autocomplete="off">

form要素にautocomplete属性を追加することで、そのフォーム全体でオートコンプリートを無効化することができます。

input要素で定義

input要素で定義する場合は、以下のように記述します。

<input type="password" name="password" autocomplete="off">

このように、部分的に定義することも可能です。

あとがき

簡単にできる対策ですね。セキュリティの向上にも繋がると思いますので、ログインが必要なWEBサービスを運営している方はぜひ参考にしてください。

なお、オートコンプリートを無効化することで、ユーザーが簡単なパスワードを設定するようになり、逆にセキュリティが低下してしまうという意見もあるみたいです。

よりセキュリティを向上させるには、設定できるパスワードの文字数や組み合わせも考慮する必要がありますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。