phpMyAdminでファイルサイズが大きいデータベースをインポートできない時の対処法

phpMyAdminでファイルサイズが大きいデータベースをインポートできない時の対処法

phpMyAdminでファイルサイズが大きいデータベースをインポートできない時の対処法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ベテランカードホルダーが厳選したおすすめのクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

phpMyAdminでインポートできるファイルサイズは、デフォルトは上限が2Mになっていると思います。2M以上のファイルをインポートしようとすると、エラーになり正常に処理が完了しません。

そこで今回は、サイズが大きいデータベースをphpMyAdminでインポートできない時の対処法を紹介いたします。

スポンサードリンク

php.iniでファイルサイズの上限を調整する

php.iniが編集可能であれば、以下の値を変更してアップロード可能なファイルサイズの上限を調整します。

php.ini
memory_limit = 128M
post_max_size = 64M
upload_max_filesize = 32M

上記の場合、32Mまでファイルのインポートが可能になります。値は、上から順(memory_limit→post_max_size→upload_max_filesize)にサイズを大きくしておく必要があります。

ちなみにphp.iniで上記の値を変更すると、phpMyAdminだけでなくサイトにファイルをアップロードする時の上限が設定した値に変わります。

php.iniが編集できない場合

php.iniが編集できない場合は、phpMyAdminのインポート用ディレクトリを作成して対処します。こちらの対処法は、phpMyAdminのインストールディレクトリを操作できるというのが前提条件になります。

phpMyAdminディレクトリの中にconfig.inc.phpというファイルがあります。config.inc.phpを開き、以下を一番下に追記します。

config.inc.php
$cfg['UploadDir'] = './import';

phpMyAdmin/importというディレクトリを作成し、その中にインポートしたいSQLファイルを入れます。

phpMyAdminで[インポート]画面にアクセスすると、「ウェブサーバ上のアップロードディレクトリ ./import/ から選択する」という項目が追加されていますので、インポートしたいSQLファイルを選択します。

ウェブサーバ上のアップロードディレクトリ ./import/ から選択する

あとがき

データベースの2Mって意外とすぐ到達しますよね。圧縮してエクスポートしてもファイルサイズが上限を超えちゃう場合は、phpMyAdmin側の許容範囲を調整して対処しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。