Hex値(16進数のカラーコード)で色のプレビューを即座に確認できるWEBサービス「Hex Preview」

Hex値(16進数のカラーコード)で色のプレビューを即座に確認できるWEBサービス「Hex Preview」

スポンサードリンク
Hex値(16進数のカラーコード)で色のプレビューを即座に確認できるWEBサービス「Hex Preview」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 大量にアクセスを呼び込みザクザク稼げてしまう21世紀最強の無料ツールを発見!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※2016/09/28追記
Hex Previewはなくなってしまいました。

WEBサイトの色ってとても重要なので、慎重に決めたいですよね。私は、色を決める時はカラーコード表を参考にしていますが、サンプルは小さいのでいまいちイメージしづらい時もあります。

そこで役立つのが「Hex Preview」です。

「Hex Preview」は、Hex値(16進数のカラーコード)を入力すると、画面全体にその色をプレビューしてくれるWEBサービスです。

画面全体に色を表示してくれるので、よくあるカラーコード表のように小さいサンプルよりもデザインをイメージしやすくなります。

さらに、右下にあるプラスボタンをクリックしていくと、いくつもカラーコードのプレビューを追加することができます。

カラーコードのプレビュー追加

色んな色を比較したいときは、色を追加していくと簡単に比較できます。

Hex Previewの活用(応用編)

URLの後ろにコマンドを追加してアクセスすることで、様々なアクションを施した色の表示を確認することができます。

#f5deb3を表示する

http://hexpreview.com/#f5deb3

#cccと#eeeと#aaaを表示する

http://hexpreview.com/(ccc)(eee)(aaa)

ランダムな色を表示する

http://hexpreview.com/(!)

#000から#f0fまでを7段階のグラデーションを表示する

http://hexpreview.com/(000-f0f)[7]

#ff00ffから徐々に色を変化させる(*の数を増やすと変化スピードが上がります)

http://hexpreview.com/(ff00ff)*

あとがき

コマンドを使えばグラデーションもできるので、簡単に色の比較をすることができますし、カラーコードもすぐ取得できます。

デザインで色に困った時は利用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。