AMP対応の有効性をチェックすることができるWEBツール「The AMP Validator」

AMP対応の有効性をチェックすることができるWEBツール「The AMP Validator」

AMP対応の有効性をチェックすることができるWEBツール「The AMP Validator」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • Youtube動画変換・ダウンロードおk!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

The AMP Validatorは、AMP対応したサイトの有効性をチェックすることができるWEBツールです。

AMPの有効性をチェックするには、URLの末尾に「#development=1」を付けてデベロッパーツールでConsoleを確認したり、AMP ValidatorというChromeの拡張機能を使う必要がありました。

The AMP Validatorを使えば、簡単にブラウザ上で有効性をチェックすることができます。

スポンサードリンク

The AMP Validatorの使い方

The AMP Validatorにアクセスして、URLを入力するだけです。[VALIDATE]をクリックすると、診断結果が表示されます。

The AMP Validatorの使い方

「Validation Status」が”PASS”と表示されればちゃんと対応できていますが、何かしら問題がある場合は”FAIL”となり、問題のある箇所を教えてくれます。

AMP診断結果

あとがき

モバイルでの表示速度を改善するためのAMPですが、大手メディアなどAMP対応したサイトも増えてきていますね。ですが、まだまだ一般的には普及しきれていないのが現状です。

個人のブログなどでは急いでAMP対応する必要はないと思いますが、今後益々モバイルは重要視されると考えられるので、AMPも徐々に普及してくるかもしれませんね。

ちなみにWordPressサイトでAMP対応するならプラグインを導入するのが楽です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。