コアファイルやテーマ、プラグインのアップデートを自動化することができるWordPressプラグイン「Advanced Automatic Updates」

コアファイルやテーマ、プラグインのアップデートを自動化することができるWordPressプラグイン「Advanced Automatic Updates」

コアファイルやテーマ、プラグインのアップデートを自動化することができるWordPressプラグイン「Advanced Automatic Updates」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Advanced Automatic Updatesは、WordPressのコアファイル・テーマ・プラグインのアップデートを自動化することができるWordPressプラグインです。

WordPressは非常に使いやすい反面、世界中で利用されているため、悪事を働く者たちに狙われやすいというデメリットもあります。セキュリティを強化するためにも、常に最新版にしておくことが大切です。

手動で更新するのが面倒という場合は、Advanced Automatic Updatesを導入して、アップデートを自動化しちゃいましょう。

スポンサードリンク

Advanced Automatic Updatesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Advanced Automatic Updatesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Advanced Automatic Updates(アドバンスド自動更新)を有効化します。

Advanced Automatic Updatesの設定

プラグインを有効化したら、[設定] – [アドバンスド自動更新]にアクセスして設定を行います。

Advanced Automatic Updatesの設定

WordPress本体を自動的に更新しますか:「メジャーバージョン」「マイナーおよびセキュリティ版」のアップデート自動化を設定します。
プラグインを自動的に更新しますか:チェックを入れると、プラグインが自動的にアップデートされるようになります。
テーマを自動的に更新しますか:チェックを入れると、プラグインが自動的にアップデートされるようになります。
通知メール:アップデート時の通知先メールアドレスを設定します。
メール通知を無効にする:チェックを入れると、アップデート時の通知が無効化されます。
デバッグ情報:通知メールに含めるデバッグ情報を選択します。

あとがき

アップデートが自動化されるのは便利ですが、それによって問題が発生する可能性もあるので注意が必要です。通知はなるべくオンにしておいて、アップデート直後はサイトをチェックするようにしましょう。

なお、プラグインを使わずに制御したい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。