投稿や固定ページの内容を他のページでも使いまわせるようになるWordPressプラグイン「Insert Pages」

投稿や固定ページの内容を他のページでも使いまわせるようになるWordPressプラグイン「Insert Pages」

投稿や固定ページの内容を他のページでも使いまわせるようになるWordPressプラグイン「Insert Pages」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Insert Pagesは、投稿や固定ページの内容を、ショートコードを使って他のページに挿入することができるようになるWordPressプラグインです。

色んなページに表示したい共通パーツを作成しておいて、その内容を使いまわすことが可能になります。

スポンサードリンク

Insert Pagesのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. Insert Pagesをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Insert Pagesを有効化します。

Insert Pagesの設定

[設定] – [Insert Pages]でフォーマットなどを設定できます。

Insert Pagesの設定

Shortcode format ショートコードのフォーマットを選択します。
Wrapper for inserts 挿入したページをdivとspanのどちらで囲むか選択します。
Insert method query_postsとget_postのどちらの関数を使うか選択します。

Insert Pagesの使い方

投稿や固定ページを挿入したい場所にカーソルを合わせて、[Insert Pages]ボタンをクリックします。

[Insert Pages]ボタン

挿入したい投稿・固定ページを選択して、「Options」を展開します。「Display」で表示させる内容を選択して、[Insert Page]をクリックします。

挿入ページの選択

以下のようなショートコードが挿入され、指定したページの内容が表示されます。

[insert page='hello-world' display='content']

慣れたらショートコードを直打ちしても良いですね。

あとがき

共通パーツを使いまわすことで、何か変更があっても1箇所変更するだけで済むので、管理・運用が楽になります。クライアントワークでも重宝しそうなプラグインですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。