地味に便利かも!自サイトへのピンバックを無効化してくれるWordPressプラグイン「No Self Pings」

地味に便利かも!自サイトへのピンバックを無効化してくれるWordPressプラグイン「No Self Pings」

地味に便利かも!自サイトへのピンバックを無効化してくれるWordPressプラグイン「No Self Pings」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressでは、他のブログなどから自分のサイトが紹介されてピンバック(トラックバック)が送信されるとコメント欄に表示されます。

ブロガー同士のコミュニケーションツールの一つとも言えすごく便利なのですが、自分で書いた過去記事にリンクした場合もピンバックが送信されてコメント欄に表示されてしまいます。気にしないならいいと思いますが、私はなんか気になるので毎回自分自身のピンバックは削除しています。

そんな手間ではありませんが、リンクする度にピンバックを削除するのも面倒だなーと感じていたのでプラグインを探してみたら、、、ドンピシャなのが見つかりました。

スポンサードリンク

No Self Pingsのインストール

1. No Self Pingsをダウンロードします。
2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
3. 管理画面の[プラグイン]ページで、No Self Pingsプラグインを有効化します。

No Self Pingsの設定

No Self Pingsはプラグインを有効化するだけで動作します。特に設定は必要ありません。

プラグインを有効化した後の投稿では、自サイトへの自分のピンバックは送信されなくなります。

ピンバック機能を停止する方法

そもそもピンバックなんて使わなくていい、という方もいると思います。そんなときは、ピンバックの機能自体を停止してしまえばOKです。

ピンバック機能を停止するには、「自分のサイトからピンバックを送信しない方法」と「他サイトからのピンバックを受け付けない方法」の2通りがあります。

自分のサイトからピンバックを送信しない場合

1. 管理画面で [設定] – [ディスカッション] にアクセスします。
2. 「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」のチェックを外します。

この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる

3. [変更を保存] をクリックして設定を保存します。

他サイトからのピンバックを受け付けない場合

1. 管理画面で [設定] – [ディスカッション] にアクセスします。
2. 「」のチェックを外します。

他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

3. [変更を保存] をクリックして設定を保存します。

これらの設定は両方オフにしてもいいです。お好みで設定しましょう。

あとがき

自分自身へのピンバックを停止するというドンピシャなプラグインがあったということは、結構不便に感じてる人が多いということですかね。WordPressの標準機能に追加してもいいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。