データベースに残った不要なテーブルを削除することができるWordPressプラグイン「Plugins Garbage Collector」

データベースに残った不要なテーブルを削除することができるWordPressプラグイン「Plugins Garbage Collector」

データベースに残った不要なテーブルを削除することができるWordPressプラグイン「Plugins Garbage Collector」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 月額2980円で顧問を雇いませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Plugins Garbage Collectorは、データベース内に残っている不要なテーブルを削除することができるWordPressプラグインです。

プラグインをアンインストールした際に、プラグインが使用していたテーブルが削除されずに、データベース内に残ってしまう場合があります。そういったゴミデータを削除することができるプラグインがPlugins Garbage Collectorです。

スポンサードリンク

Plugins Garbage Collectorのインストール

プラグインのインストール手順は以下の通りです。

  1. Plugins Garbage Collectorをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、Plugins Garbage Collectorプラグインを有効化します。

Plugins Garbage Collectorの使い方

Plugins Garbage Collectorを有効化したら、[ツール] – [Plugins Garbage Collector]にアクセスします。

[データベースのスキャン]をクリックすると、接続しているデータベースのスキャンが実行されます。

データベースのスキャン

削除したいテーブルを選択して、[テーブルを削除]をクリックします。

データベースの削除

テーブルを削除すると元に戻せませんのでご注意ください。使われていないテーブルが赤色で表示されますが、念のためにテーブル名を確認して使用中のプラグインのものでないかチェックしましょう。

あとがき

しばらくWordPressサイトを運用していると、どうしても前に使っていたプラグインのゴミデータが溜まってきます。定期的にチェックして、きれいに掃除しておくとスッキリしますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。