pタグが自動で挿入される機能を停止するWordPressプラグイン「PS Disable Auto Formatting」

pタグが自動で挿入される機能を停止するWordPressプラグイン「PS Disable Auto Formatting」

pタグが自動で挿入される機能を停止するWordPressプラグイン「PS Disable Auto Formatting」
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 年間$149ドルで10万点以上の映像素材をダウンロードし放題!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PS Disable Auto Formattingは、改行を入れた時などに自動でpタグが挿入されるWordPressの機能を停止するためのプラグインです。

ブログを書いている場合は、特に気にしなくても問題ないというか、便利な機能ではあるのですが、通常のWEBサイトをWordPressで制作している時は、自動的にpタグが挿入されることで想定通りにコーディングできない場合があります。

テキストモードでHTMLコーディングをしたいという場合は、PS Disable Auto Formattingを導入することで、余計なタグが挿入されるのを防ぐことができます。

スポンサードリンク

PS Disable Auto Formattingのインストール

インストール手順は以下の通りです。

  1. PS Disable Auto Formattingをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開し wp-content/plugins にアップロードします。
  3. 管理画面の[プラグイン]ページで、PS Disable Auto Formattingを有効化します。

PS Disable Auto Formattingの設定

WordPress管理画面で[設定] – [自動整形]にアクセスします。チェックを入れた項目の自動整形機能が停止されます。

PS Disable Auto Formattingの設定

記事内容の自動整形 記事の自動整形を停止
コメントの自動整形 コメントの自動整形を停止
抜粋の自動整形 抜粋の自動整形を停止
説明(カテゴリー、リンクなど)の自動整形 説明欄の自動整形を停止

あとがき

コーポレートサイトなどをWordPressで制作していると、自動整形は結構悩ましい機能です。余分なpタグに悩まされているという方は、ぜひ試してみてください。コーディングした通りに出力できるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。