レスポンシブ対応のWordPressブランクテーマ9選

レスポンシブ対応のWordPressブランクテーマ9選

レスポンシブ対応のWordPressブランクテーマ9選
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのテーマを制作する際、イチから制作すると結構大変ですよね。そんな時に便利なのがブランクテーマです。

ブランクテーマとは、余計なスタイルや機能を無くした、カスタマイズ前提に作成されているテーマのことです。スターターテーマと呼ばれることもあります。

通常のテーマをベースにカスタマイズすると、いらないコードがたくさんあって、イチからテーマを作るよりも面倒なこともあります。ブランクテーマには、必要最低限のスタイル・機能しか含まれていないため、そんな悩みも解決できます。

今回は、そんなブランクテーマの中でも、レスポンシブに対応したテーマをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

レスポンシブ対応のWordPressブランクテーマ9選

Underscores

Underscores

Underscoresは、作成したいテーマの名前を入力することで、ブランクテーマのファイル一式が作成されてダウンロードできるサービスです。以前、当ブログでもこちらの記事で紹介しています。

テーマを適用するとわかりますが、余計なスタイルが一切なく、カスタマイズ性に優れています。

Underscoresはこちら

Bones

Bones

Bonesは、その名の通り、必要最低限の骨組みだけが含まれたブランクテーマです。カスタム投稿タイプがデフォルトで使えたりと、制作者に配慮された作りになっています。

Bonesはこちら

HTML5 Blank

HTML5 Blank

HTML5 Blankは、名前の通り、HTML5ベースのブランクテーマです。こちらもカスタム投稿タイプが最初から追加されています。

HTML5 Blankはこちら

Sage

Sage

Sageは、Bootstrapに対応したブランクテーマです。元はRootsという名前だったようです。

Sageはこちら

Naked WordPress

Naked WordPress

Naked WordPressは、とてもシンプルな構造のブランクテーマです。テーマファイル内に丁寧にコメントも書かれていますので、テーマ制作について学びたい人にもおすすめです。

Naked WordPressはこちら

UnderStrap

UnderStrap

UnderStrapは、UnderscoresとBootstrapを組み合わせて作成されたブランクテーマです。WordPressの公式ディレクトリにも登録されているため、子テーマで制作するのに向いています。

UnderStrapはこちら

WP-Flex

WP-Flex

WP-Flexは、HTML5 Boilerplateベースで作られたブランクテーマです。WordPressのガイドラインにきっちり沿って作られているそうです。

WP-Flexはこちら

JointsWP

JointsWP

JointsWPは、Foundationをベースに作成されたブランクテーマです。BootstrapよりもFoundation派という方に最適です。

JointsWPはこちら

Whiteboard

Whiteboard

Whiteboardは、ファイル構成がとてもシンプルで、カスタマイズしやすいブランクテーマです。有名なので、使ったことがある人も多いと思います。

Whiteboardはこちら

あとがき

ブランクテーマは、テーマ制作の時間を短縮するのに非常に役立ちます。私もWordPressのオリジナルテーマを制作する際は、よくブランクテーマを使っています。

WordPressのテーマを制作する際は、ぜひブランクテーマをお役立てください。参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。