EC-CUBE3のインストール時にサイトURLから「html」を取り除く方法

EC-CUBE3のインストール時にサイトURLから「html」を取り除く方法

EC-CUBE3のインストール時にサイトURLから「html」を取り除く方法
  • シェアしてね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  • 広告主様募集中
    ワンコインで広告掲載してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

以前、EC-CUBE3のインストール後にサイトURLから「html」を除去する方法をご紹介しましたが、今回は予めサイトURLから「html」を除去した状態でEC-CUBEをインストールする方法をご紹介いたします。

インストールの流れとしては、以下のようになります。

  1. 各種ファイル配置場所の変更
  2. .htaccess/web.configのリネーム
  3. index.php/index_dev.php/install.phpの編集
  4. autoload.phpの編集
  5. EC-CUBEのインストール
  6. .htaccessの設置
スポンサードリンク

EC-CUBE3のインストール時にサイトURLから「html」を取り除く方法

ステップ1: 各種ファイル配置場所の変更

htmlフォルダ内の以下ファイルをルートディレクトリに移動します。コピーではなく”移動”です。

  • index.php
  • index_dev.php
  • install.php
  • robots.txt

次に、htmlフォルダ内の以下ファイルは削除します。リネームでもOKです。

  • .htaccess
  • web.config
ステップ2: .htaccess/web.configのリネーム

ルートディレクトリにある「.htaccess.sample」と「web.config.sample」をそれぞれ「.htaccess」と「web.config」にリネームします。ルートディレクトリに元からある.htaccessは削除するか、ローカルに退避しておきます。

ステップ3: index.php/index_dev.php/install.phpの編集

ルートディレクトリに移動したindex.php/index_dev.php/install.phpをそれぞれ編集していきます。

index.php

//require __DIR__.'/../autoload.php';
require __DIR__.'/autoload.php';

コメントアウトされている箇所を変更して、autoload.phpのパスを正しく指定します。

index_dev.php

//require_once __DIR__.'/../autoload.php';
require_once __DIR__.'/autoload.php';

$app->register(new \Silex\Provider\WebProfilerServiceProvider(), array(
  'profiler.cache_dir' => __DIR__.'/app/cache/profiler',
  'profiler.mount_prefix' => '/_profiler',
));

index.phpと同様にautoload.phpのパスを正しく指定し、cacheファイルディレクトリの指定も変更します。

install.php

//require __DIR__ . '/../autoload.php';
require __DIR__ . '/autoload.php';

install.phpはindex.phpと変更箇所は同じです。

ステップ4: autoload.phpの編集

続いて、ルートディレクトリにあるautoload.phpを編集します。

autoload.php

//define("RELATIVE_PUBLIC_DIR_PATH", '');
define("RELATIVE_PUBLIC_DIR_PATH", '/html');

コメントアウトの行を変更します。

ステップ5: EC-CUBEのインストール

ファイルの移動・編集が終わったら、通常通りEC-CUBEをインストールします。

ステップ6: .htaccessの設置

最後に、以下内容の.htaccessを「src」「vendor」「tests」ディレクトリ直下に設置します。

.htaccess

order allow,deny
deny from all

元からルートディレクトリに設置してあった.htaccessと同じ内容なので、ステップ2で退避しておいた.htaccessを使ってもOKです。

あとがき

上述した手順でEC-CUBEをインストールを実施すれば、予めサイトURLから「html」を除去することができます。

ルートディレクトリをサイトURLとして運用したい場合は、上述した手順もしくは「インストール後にEC-CUBE3のサイトURLから「html」を除去する方法」を参考にしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。